ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大黒将志(ガンバ大阪) 2006カレンダーJリーグを制したガンバ大阪のFW大黒将志(25)がフランス2部リーグのグルノーブルへ移籍することが決定的となった。

得点王になったFWアラウージョと吉原宏太の退団が決定し、ベテラン松波正信は引退、これで大黒も抜けるとなると攻撃サッカーでリーグ優勝を果たしたガンバにとっては大きな影響を及ぼすことになる。

ガンバ大阪と大黒との契約は1月31日で切れるが、交渉が順調に進めば、その前に移籍が決まる。グルノーブルは千葉のMF阿部勇樹獲得にも動いていた。
横浜FCからオーストラリアのシドニーFCへ期限付き移籍したカズこと、三浦知良がクインズランド戦で豪州デビュー。

1-0とリードした後半30分から途中出場。フリーキックを任されたが惜しくも枠外。他はこれといった見せ場もなく、短い出場時間では存在感を出せなかった。試合はそのまま1-0でシドニーFCが逃げ切った。
サッカー日本代表MF中村俊輔が所属するセルティックがスコットランド・リーグカップの準々決勝でレンジャースと対戦。セルティックが中村のクロスで相手GKのオウンゴールを誘うなど2-0で勝利し、準決勝へと進んだ。

中村は16日におこなわれるアンゴラ戦へ向け11日に帰国する予定。
シドニーFCに期限付きで移籍したFW三浦知良の入団記者会見がおこなわれた。

「リティ(リトバルスキー監督)から豪州リーグのタフさは聞いているので、非常に厳しい試合が待っていると思うが、全力を尽くして頑張りたい」とコメント。契約は来年1月末まで、背番号は21。13日のクインズランド戦でデビューする予定。12月には日本で行われる世界クラブ選手権にも出場する。
イングランド・プレミアリーグのウェストブロミッチに所属するMF稲本潤一(25)が、イングランド・チャンピオンシップリーグのカーディフにレンタル移籍することが決まった。
【FCポルト0(PK8-7)0オンセ・カルダス】
欧州王者FCポルトと南米王者オンセ・カルダスによるクラブチーム世界一を決める最後のトヨタ杯はFCポルトがPK戦の末に勝利。FCポルトのトヨタ杯制覇は17年ぶり2回目。欧州と南米の対戦成績は欧州13勝、南米12勝となった。

【ハンブルガーSV2-1ボーフム】
 ハンブルガーSVのFW高原直泰(25)はボーフム戦に先発フル出場。ゴールは奪えなかったがチームは2-1で勝利。高原は16日のドイツとの親善試合で日本代表メンバーに招集されているため、後日帰国する。
【ACミラン6-0フィオレンティーナ】
首位ユベントスを追いかけるACミランは前半に2点をあげると、後半も追加点を重ね、終わってみればフィオレンティーナに6-0と圧倒的な強さで勝利した。フィオレンティーナのMF中田英寿(27)は、4-0と試合がほぼ決まってしまった後半23分から途中出場。サイドから中央へセンタリングをあげるなどチャンスを演出するが、チーム全体の運動量も落ちており、虚しい時間を過ごすこととなってしまった。

UEFAカップ、グループリーグ第4節の8試合が行なわれた。小野伸二の所属するフェイエノールトはシャルケと対戦し、2-1で勝利。勝ち点を7に伸ばし、決勝トーナメント進出が決まった。
11月23~24日の結果
A組
A組
B組
B組
C組
C組
D組
D組
E組
E組
F組
F組
G組
G組
H組
H組
モナコ
オリンピアコス
Rマドリード
ディナモ・キエフ
ユベントス
バイエルン
スパルタ・プラハ
マンチェスターU
ローゼンボリ
PSV
ACミラン
バルセロナ
ブレーメン
アンデルレヒト
チェルシー
CSKAモスクワ
1-0
1-0
1-1
2-0
1-0
5-1
0-1
2-1
2-2
1-1
4-0
1-1
1-1
1-2
0-0
0-1
リバプール
デポルティボ
レバークーゼン
ローマ
アヤックス
マッカビ・テルアビブ
フェネルバチェ
リヨン
パナシナイコス
アーセナル
シャフタル・ドネツク
グラスゴーC
インテル
バレンシア
パリSG
FCポルト
【バルセロナ3-0レアルマドリード】
現在スペインリーグ首位のバルセロナと2位のレアルマドリードによる伝統の一戦が行われた。
【ハンブルガーSV 3-1 ボルフスブルク】
ハンブルガーSVに所属するFW高原直泰(25)は、ホームのボルフスブルク戦に先発出場しアシストを一つあげ、チームは3-1で勝利した。高原は4試合ぶりのフル出場。

ハンブルガーSVは連勝、6勝1分け7敗、勝ち点を19で、リーグ10位。
【レジーナ1-0ローマ】
レジーナは前節欠場したMF中村俊輔(26)がホームにローマを迎えて先発出場。中村からのパスが前半15分に先制点を生み出し、そのまま1-0でローマを破った。中村は後半26分に交代、レジーナはリーグ19位から16位へ上がった。

【ハンブルガーSV6-0ロストク】
ハンブルガーSVのFW高原直泰(25)が現在リーグ最下位のロスロク戦に先発出場し、前半42分に7試合ぶりに1得点を挙げた。高原は後半20分過ぎに交代。ハンブルガーは6-0と完勝し、勝点を16としてリーグ12位。

なお、試合終了後にロストクのユーリ・シュリュンツ監督は、成績不振を理由に辞任を発表している。
【メッシーナ0-0パレルモ】
FW柳沢敦(27)が所属するメッシーナはパレルモと対戦。柳沢は0-0の後半30分過ぎから途中出場したが、結局そのままスコアレスドロー、リーグ下位のパレルモ相手に痛い引き分けとなってしまった。
【ユヴェントス1-0フィオレンティーナ】
中田英寿の所属するフィオレンティーナは首位ユヴェントスと対戦。中田は先発出場するも、後半15分に交代し、チームもユヴェントスに0-1で敗れた。先週までリーグ5位タイの成績だったが、最近2試合で勝点1しか得られなかったため、10位へ後退してしまった。
【フェイエノールト4-0NAC】
MF小野伸二(25)が所属するフェイエノールトはNACと対戦。前半15分に得たFKを小野がファーサイドヘ蹴り、こぼれたところをカイトが決め先制。後半開始直後と終了間際にも得点を重ね、フェイエノールトが4-0と完勝した。

【レジーナ2-1ユベントス】
レジーナはホームでリーグ戦8勝1分とこれまで無敗の首位ユベントスと対戦。MF中村俊輔(26)が先発出場した。ユベントスのゴール前でクリアボールがコルッチにあたりゴールに吸い込まれるという運もありレジーナが先制。すぐに同点に追いつかれるものの、前半26分にザンボーニが決め、レジーナが勝ち越し点を決める。レジーナは後半に退場者を出す苦しい展開もなんとか守りきり、ユベントスから大金星となる勝点3を奪った。

11月4日
A組
A組
B組
B組
C組
C組
D組
D組
E組
E組
F組
F組
G組
G組
H組
H組
ハーツ
フェレンツェバロシュ
パルマ
ベジクタシュ
ユトレヒト
オーストリア
ニューカッスル
スポルティング
ミドルズブラ
パルチザン
グラッツァーAK
AZ
シュツットガルト
ディナモ・ザグレブ
リール
セビリア
0-1
1-1
1-0
3-1
1-2
1-0
2-0
4-1
2-0
4-0
3-1
2-0
3-0
6-1
2-1
2-0
シャルケ
フェイエノールト
ステアウア
ビルバオ
ドニエプル
サラゴサ
ディナモ・トビリシ
パニオニオス
ラツィオ
エガレオ
アミツァ
オセール
ベンフィカ
ベベレン
ゼニト
アーヘン

11月3日の結果
A組
A組
B組
B組
C組
C組
D組
D組
オリンピアコス
デポルティボ
ディナモ・キエフ
ローマ
バイエルン
マッカビ・テルアビブ
マンチェスターU
リヨン
1-0
0-1
2-2
1-1
0-1
2-1
4-1
4-2
モナコ
リバプール
Rマドリード
レバークーゼン
ユベントス
アヤックス
スパルタ・プラハ
フェネルバチェ


欧州CL次節は今月23、24日に行われる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。