ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
錦織V世界一のスピード出世/テニス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080429-00000015-nks-spo

「テニスの王子様」がまた快挙を達成した。18歳3カ月の錦織圭(18=IMG)が、現役最年少の世界トップ100ランカーになった。決勝で世界116位のビクトル・トロイツキ(22=セルビア)に、2-6、7-5、7-6で逆転勝ち。2月のツアー初優勝に続き、ツアー下部大会も制した。28日発表の世界ランキングは120位から99位まで上昇し、100位以内最年少選手になった。日本男子では96年8月25日まで91位だった松岡修造以来12年ぶり5人目で、最年少記録を更新。北京五輪出場も現実味を帯びてきた。
 昨年10月のプロ転向からわずか半年で、錦織が「トップ100」の壁を突破した。日本人が過去4人しか越えることのできなかった大きな関門を、あっという間にクリアしてみせた。プロ転向前の06年3月20日に1504位で世界ランクに初登場。それからたった2年で1400位以上もランクを駆け上がった。   (日刊スポーツ)


ランキング100以内に日本人が入るのは、
松岡修造以来5人目だそうで、
それだけ日本人選手にはハードルが高いスポーツといえます。

でも、最年少記録を更新するということは、
同世代の中では彼が一番実力があるということでもあるので、
今後の活躍が期待されます。


錦織圭ラケット■NEW■WilsonKTour95
ウィルソンKツアー95 日本スペック インポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。