ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日米野球第3戦(東京ドーム)
日3-7米
[勝]キング
[敗]五十嵐
[本]アルー、ウェルズ、エストラダ、ウィルカーソン


1 2 3 4 5 6 7 8 9
米国0 0 0 3 0 0 0 2 2
日本 0 0 0 0 1 2 0 0 0

日米野球第3戦、全米は石井一久が先発し、日本選抜を5回1失点に抑える。日本先発井川は3回まで4奪三振だったが、4回に2本塁打を浴び3失点。日本は6回に福浦、岩村のタイムリーで同点に追いつくものの、8回に五十嵐がウェルズの2点タイムリーで勝ち越され、9回にもエストラーダ、ウィルカーソンに連続本塁打された。最後は大塚が0点で抑え、全米が7-3で3連勝。

最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。