ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日米野球第1戦(東京ドーム)
日2-7米
[勝]カレーロ
[敗]上原


1 2 3 4 5 6 7 8 9
米国0 0 0 0 0 3 4 0 0
日本 0 0 0 0 2 0 0 0 0

日米野球第1戦は、クレメンスと上原が先発。4回まではともに無得点。さきに先制したのは日本。5回に内野安打と四球で1死満塁とし、仁志がサードゴロ、ゲッツー崩れで一塁手が後逸する間に二人がホームイン。さらに四球で走者をためたところで先発クレメンスは降板した。
直後の6回表、今度は上原が捕まった。先頭打者クロフォードを四球で出し、2番ブラロックに2塁打を放たれ無死ニ三塁。3番ラミレスを三振に討ち取るものの、4番オルティスに同点タイムリーを浴び、5番アルーにヒットを打たれ1死一、三塁。6番ウェルズに犠牲フライを打たれ逆転された。
次の7回から登板した山口もつかまり、この回4失点。最終回はパドレスの大塚が3者できっちり抑え、米国選抜チームが7-2で勝利した。



最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。