ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大手会計事務所のレポートによると、2005-06シーズンでもっとも収益をあげたクラブがスペインのレアル・マドリーだったことがわかった。

レアルは約460億円の収益で2年連続の世界一。2位には同じくスペインのバルセロナで約410億円、3位はイタリアのユヴェントスで約400億円だった。

日本では何百億という金額どころか、黒字になればいいほう。試合数が多く、観戦料収入の見込めるプロ野球でも資金的なことから経営問題が話題になったりします。

いつか日本もそういうビッグクラブが誕生する時代がくるといいんですけどねぇ。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。