ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オランダの検察当局が、サッカーのロシア代表監督を務めるフース・ヒディンク氏を脱税の容疑で禁固10カ月を求刑した。
ヒディンク氏は2002年から2003年の間にベルギーに居住していると虚偽の申告をし、約140万ユーロ(約2億円)を脱税した疑い。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000137-reu-spo

昨年までオーストラリア代表監督、その前は韓国代表をベスト4まで導いた名監督として知られていますが、スポーツに携わる人が社会のルールを破っちゃうのはちょっとまずいです。

少しでも税金を安くしたい・・・という気持ちは理解できますが、それだけ稼げたのもサッカーがあればこそ。ごまかすようなマネはしてほしくないですね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。