ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェフ千葉の日本代表MF阿部勇樹(25)が千葉のクラブ事務所で淀川隆博社長(55)、唐井直GM(49)と会談し、移籍の希望を伝え、千葉側も浦和移籍を了承、これにより阿部が浦和へ移籍することが決定した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070113-00000022-nks-socc

浦和にはリーグ戦だけでなく、アジアチャンピオンズリーグでも結果を残してもらいたい。そのためには代表クラスの補強は必要なこと。
でも、千葉の顔である阿部が抜けるのはちょっとさびしい。これまでも千葉でデビューし、活躍した選手が他クラブへ移籍することが多く、千葉側はどういうチームつくりを目指しているのか、よくわからない。

千葉は昨年から前オシム監督の恩恵で代表に選ばれる選手も増えたので、このまま実力、人気面でビッグクラブになって欲しいと期待していました。でも、選手の知名度は上がりましたが、クラブの成績はいまいち。好成績を残すためにはクラブの顔である阿部は大事な存在。

できれば残って欲しかったけれど、モチベーションの上がらないところでプレーしても本人やクラブのためにならない。やはり移籍は仕方ないか。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。