ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリックスの中村紀洋内野手の退団が正式に決まった。

交渉を代理人に任せず、自分でやっていればまた違う結果となったかもしれない・・・と中村本人だけでなく、外から見ている私も思いました。

まず年棒いくらで契約するかは代理人に任せてもいいと思うけど、それ以外の待遇改善などの部分は中村自身が球団と話し合うべき。それをも代理人に任せても、しょせん部外者。中村がこう言っているからそうして欲しい・・と要求したところで、「はい、わかりました」となるはずもなく、もしそうなるなら誰でもそうする。

中村も怪我を公傷と認められなかったことをはじめ、球団の対応に不満を持ったようですが、怪我をする前までしっかり結果を残し、この選手をいつまでもうちの球団でプレーしてもらいたい・・・と思わせるくらいの働きや姿勢をみせないと。

実績は残したかもしれないが、こんな状況となってもぜひうちに来て欲しい!、自由契約となって安く契約できるなら獲得したい!・・・と積極的に名乗りをあげる他球団が出てこないというのはなんでか?

中村本人が思っているほど、ブランド的な魅力はなかったのかもしれない。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。