ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジアカップ予選第3戦、サウジアラビア戦が行われ、日本は0-1でサウジアラビアに敗れてしまった。この結果、サウジアラビアが勝ち点を9としグループ首位に立ち、日本は勝ち点6のまま2位に後退。

日本が先制するチャンスは何度かあった。
とくに前半40分すぎ、サウジアラビアのペナルティエリア内で三都主が相手DFともつれてボールがこぼれたところを田中達也がフォロー、DFのスライディングもかわしシュートを放ったが、ゴール枠外にはずしてしまった。

失点の場面では日本のDFラインの前にぽっかりと中央にスペースがあき、そこを使われてしまった。ペナルティエリア前までドリブルを許し、ミドルシュートを打たれてしまう。闘莉王がブロックするも、こぼれたボールが相手に渡り、得点を決められてしまう。

アウェーということも考えれば内容はけっして悪くはなかった。
ただ、Jリーグではレギュラーとして活躍選手が集まった割にはミスが目立つ。Jリーグで普段プレーしているレベルでは、強豪相手にはちょっと通用しないかな・・・という印象。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。