ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子アジア杯準決勝がおこなわれ、日本代表は0-2でオーストラリア代表に敗れた。

この大会では07年女子W杯中国大会の予選もかねており、オーストラリアが出場権を獲得。準決勝のもう1試合、中国対北朝鮮は中国が勝ったため、日本は3位決定戦で北朝鮮と対戦することになる。開催国の中国はW杯出場が決定しているため、日本と北朝鮮の勝者がW杯出場となり、敗者は北中米カリブ海3位とプレーオフをおこない、出場枠を争う形となる。

男子はW杯でオーストラリアに悪夢のような逆転負けを味わい、女子もまだW杯出場の望みはあるものの、こちらもオーストラリアに完敗。ただ、3位決定戦、プレーオフと少なくともあと2回チャンスは残っているので頑張ってもらいたい。


また、中国対北朝鮮で、試合終了後に北朝鮮選手が審判をけるという事態が起きた。判定に不満を持ったためとはいえ、これはよくない。

見ている立場からでも審判の判定に不満を持つことは多々あるので、気持ちは理解できますが、蹴ったり殴ったりしてやりたい・・・という衝動が出ても、みんな我慢してるんだし。

ジダンの報復行為が大きく取り上げられたこともあり、なにかペナルティを科されるんでしょうか。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。