ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広島の木村拓也外野手と、巨人の山田真介外野手の交換トレードが成立したことが明らかとなった。木村は内外野を守れるスイッチヒッターで、04年アテネ五輪代表にも選ばれていたが、今シーズンはブラウン監督の構想から外れ、1軍での出場はなかった。

現在5連勝中の巨人だが、怪我人が続出。現在先発出場を続けている選手もいつ怪我をしたり、古傷が再発するかわからない状況ということもあり、木村を獲得することとなった。

オリックスも怪我で選手層が薄くなり、巨人よりも一足早く木村の獲得を検討していたようだが、こちらは獲得の意思が固まらなかったようだ。

広島に移籍することとなった山田は、今季10試合に出場。打率1割4分3厘、2盗塁。4月23日に代走として出場して以降、1軍での試合出場はない。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。