ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1第6戦スペイングランプリは、フェルナンド・アロンソが優勝。アロンソは母国グランプリで初優勝となった。

序盤はルノーのフィジケラがフェラーリ勢をおさえ、アロンソがマージンを広げる。ルノー、フェラーリともに1回目のピットを終えたところで、シューマッハがフィジケラの前に出るものの、アロンソとの差は縮まらず、そのままアロンソが逃げ切った。

日本勢ではホンダのバトンが6位、バリチェロが7位と入賞するも、トヨタは味方同士で接触するなどし、トゥルーリが10位でラルフ・シューマッハはリタイア。また、スーパーアグリで2戦目を迎えるモンタニーも序盤にリタイアしたものの、佐藤琢磨が17位、3戦ぶりに完走を果たした。
2005 FIA F1世界選手権総集編 DVD
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。