ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーアグリのレギュラードライバー井出有治のスーパーライセンスが取り消し処分となりました。

サンマリノGPでのクリスチャン・アルバースとの接触はあったものの、あぁいうアクシデントはこれまでのレース中にもよくありました。しかし、経験不足とモナコのような狭いコースで事故がおきたら惨事になりかねないという不安が大きいためか、FIAからライセンス剥奪という異例の処分を受けることに。

そこまでしなくても・・・とは思いますが、新人の井出ではマシンやコースを学習するのにいっぱいいっぱいで、少しでも他チームに追いつけるようマシンを進歩させることは難しい。例え処分がなくてもドライバー交代は時間の問題だったかな・・・という気もします。

昨年のジョーダンやミナルディといった下位のチームで新人がデビューするのとは違って、スーパーアグリというチーム自体ができたばかり。そういうチームで走るには、やっぱりある程度の経験がないと厳しい感じがしますし、新人に結果を求めるのも気の毒です。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

■パドックに流れていた噂は本当だった。今年からF1に参戦している”純”国産F1チームのスーパーアグリは公式リリースで井出有冶のスーパーライセンスが剥奪されたと発表した。スーパーライセンスとはF1走るためのライセンスで、これを所持していないドライバーはF1
2006/05/11(Thu) 22:57:04 |  We are ニッポン!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。