ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤクルト古田敦也兼任監督が自身の打撃不調から、しばらくは米野智人捕手を正捕手とし起用することにしたようだ。

古田が先発マスクをかぶったときは4勝6敗、米野の場合は5勝8敗。勝敗だけ見ればあまり大差はあまりないが、古田は開幕から打撃不振で打率は1割を下回る。ここ最近の10試合では米野に先発を任せ、代打で出場することもなかった。

5月の第1週を終えるといよいよパ・リーグとの交流戦が始まる。パ・リーグの球団相手に大きく負け越さないためにも、監督業に専念するという決断は正しいのかもしれない。
古田のブログ
古田のブログ
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。