ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新庄剛志:襟付きアンダーシャツはマナー違反

日本ハム・新庄剛志外野手が4月30日のソフトバンク戦に襟付きアンダーシャツで出場した問題で、パ・リーグの前川芳男審判部長は1日、日本ハム、ソフトバンクの両球団に対し、同様のアンダーシャツの使用を禁ずると連絡した。

 新庄は試合前に審判団の了承を得ていたが、ソフトバンク側は「青少年に悪影響を与える」と抗議していた。公認野球規則には「アンダーシャツの外から見える部分は、同一チームの各プレーヤー全員が同じ色でなければならない」とあるが、形についての規定はない。前川部長は「ネックウオーマーなどがOKとなっているため許可したが、ビデオを見ると違和感がある」と話し、「チーム全員が襟付きならいい。規定にないからルール違反ではないが、マナーの問題。審判部として正す」と語った。

サッカーのクラブチームではエリがあったりなかったりするけど、野球ではエリなしで統一されてきた。チーム全員が襟付きならいい・・・とはいうものの、1チームだけエリの付いたチームというのもなんか違和感を感じてしまいます。

また、ルール違反でなければ何をやっても良いという考えが増徴すると、アレはダメ、コレもダメ・・・といちいち規定に盛り込まなければいけなくなってくる。

新庄もファンサービスのために考え付いたと思うけれど、すでに引退を表明し、シーズンが終わればチームを去る立場。新庄が特異な姿で登場しても、それは新庄人気こそ高まるかもしれないが、球団の人気にはそれほど影響はないのかもしれない。新庄という個人に注目を集めさせファイターズの知名度を上げようとするよりも、新庄が引退した後も引き続きファイターズを好きになってもらえるようなファンサービスを考えてほしいものです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

日本ハムの新庄剛志外野手(34)が30日のソフトバンク戦で襟付きのアンダーシャツを着用した問題について、パ・リーグの前川審判部長はきのう(1日)、今後の使用を禁止する方針を決めた。球団関係者によると、新庄本人も今後は着用しない意思を示しているという。2日の試合前、
2006/05/02(Tue) 19:30:52 |  閑話ノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。