ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフトバンクのフリオ・ズレ―タ内野手(31)が10試合の出場停止と制裁金30万円の処分がパ・リーグから言い渡された。

ズレータは16日の日本ハム5回戦(ヤフードーム)の六回、日本ハム金村投手から死球を受け、金村投手に体当たりしたあと、殴るなどの暴行をはたらき、退場処分を受けていた。

金村投手は治療を終え、その後もマウンドに登った。しかし、ズレータから暴行を受け、打撲を負ったことから様子を見るために、17日、出場選手登録を抹消された。

引き金となった死球はそれほど厳しいものとは思えなかったので、たしかにズレータはやりすぎた感が強いです。当たり所が悪ければシーズンを棒に振ることもあるので、怒る気持ちもわからなくはないですが・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。