ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次リーグの第2戦、日本はメキシコと対戦した。ともに1敗同士で準決勝へ進むためには勝利が絶対条件。

日本の先発は松坂。壮行試合、1次リーグでは不安なところも見せたが、この試合では5回を1被安打とほぼ完璧な内容でメキシコ打線を封じ込める。

打線も4回、メキシコの先発ロアイザからタイムリーとホームランで4点を奪い攻略。5回と9回にも1点ずつ追加し、終わってみれば6-1で日本が勝利した。

これで日本はアメリカと並んで1勝1敗。最後の韓国戦で2点差以上、または6失点以内で勝利すれば自力で準決勝進出が決まる。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。