ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の永田寿康衆院議員が送金メール問題について改めて記者会見し、「すべて先入観と思い込みに基づくもので、メールは本物ではない」と偽メールだったことを認めた。

民主党じたいはメールを偽物と判断していたが、永田氏自身は先に開いた謝罪会見で、まだ完全に否定できない意見を述べていたこともあり、これに与党が反感。改めて永田氏も偽物だったと認めた。

また、永田氏に対する懲罰動議を懲罰委員会に付託することも決まった。

仲介者や情報提供者については謎のままだが、これでいちおう送金指示メールについての真偽は決着がついた。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。