ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉純一郎首相は17日、衆院予算委員会の金融・ライブドア事件に関する集中審議で、ライブドア前社長の堀江貴文被告が自民党の武部勤幹事長の二男に対する3000万円の「送金メール」をしたという民主党の指摘について「(同党が)根拠のない情報をもとに一方的に攻撃している」と強く批判した。一方の民主党は新たな証拠を示さなかったが、首相が同党の指摘を「ガセネタ」と発言したことに反発。両党がそれぞれ懲罰動議を出し合うなど、対立は激化している。
livedoor ニュース

永田氏がガセネタという根拠はなんなのか、どうしてそう思うのか意見を求めると、小泉首相は今回のメールが事実であるという具体的な証拠を提示することを求めた。

武部氏は次男の銀行口座を確認したが、指摘のような事実は見つからなかったと説明、とりあえず疑いを晴らした。また、堀江前社長に接見した弁護人によると、堀江前社長は3000万円を振り込んだことやメールを送信したことを否定しているとのこと。

残念ながら現段階では永田氏の指摘だけでは決定的な証拠にはならない。

夜に民主党の党本部で緊急記者会見があり、堀江被告が送信したとされるメールのコピーが公開された。黒く塗りつぶされていたが送信者やあて先のアドレスも記載されていたという。

でも、これだけじゃ、まだ弱い。メールの文面だけでなく、もっと確証にせまる情報を提示しないと、また『ガセネタ』と一蹴されかねない。アドレスを公開すると情報提供者の身元も特定されかねないので公表できないらしいが、せめて、そのメールがどの端末から送られたとか、どこのエリアから発送されたものかが、わかればねぇ。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

 ↑永田議員が手にしていたメール。怪文書みたいな感じだ…165 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:25:28メールヘッダを分析すればいい話じゃないのかよ115 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:18:55今、ITの専門家呼びつけて、必死にメールヘッダ作ってるんだ
2006/02/18(Sat) 14:51:29 |  因果応報な日々
[衆院予算委]堀江被告、武部氏二男に3千万振り込むメール お騒ガセ爆弾も1日で終了の悪寒。今日の国会での永田議員、もう泣きが入っている。
2006/02/18(Sat) 16:21:31 |  佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。