ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男子ハーフパイプの予選がおこなわれ、中井孝治、村上史行、国母和宏、成田童夢の日本勢は全員が予選落ち。

予選1回目上位6名、2回目上位6名が決勝へ進むことができるが、メダルが期待されただけに、まさかの予選落ちとなってしまった。

妹の今井メロとともに出場した成田は予選1回目では雄たけびとガッツポーズも出るほど会心の出来だったと思われたが、ポイントは伸びず15位、予選突破を狙った2回目は完全に失敗し、悔し涙を流した。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

スノーボードハーフパイプ、日本勢全滅…なんだか、あっけなく終わってしまいましたね。もうちょっとやれるかなと思っていたんですがあっさりと4人とも予選落ちになってしまい残念…それにしても、アメリカ、フィンランド勢は強いね、楽にエアを決めていってるもんね、選手
2006/02/13(Mon) 02:05:07 |  週刊カルチャーショックBLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。