ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西武の松坂大輔投手(25)が花粉症発症。

今年は飛散量も少ないようなので、症状を緩和させる薬を飲んだり、注射をしたりなど事前に対策をとればそんなに悩まされることはない。しかしWBCで使用禁止とされる成分が含まれる可能性もあるため、花粉症に悩む選手は摂取する治療薬に注意しなければならない。

松坂は毎年ステロイド注射を受けているようだが、国際大会では禁止薬物になっているため、今年は治療できないままキャンプイン。症状がひどい時は鼻水がとまらず、くしゃみを連発し、頭もボーっとしてくるため集中もできず、ちょっと心配。

【8,800円以上は送料無料!】花粉症対策に天然植物エキス100%てん茶の50倍の威力の鼻癒楽(はな...「鼻癒楽(はなゆらく)」は、ハーブティーとして飲用する濃さの500倍以上に濃縮されたレモンバームの高濃度エキスと、ブラジル産の最高級プロポリスを特殊な方法でブレンドした特許出願中のオリジナル商品です。
レモンバームは、エスニック料理などでもおなじみのハーブ(和名・セイヨウヤマハッカ)。
かねてから鎮痛、発汗、消化促進作用が知られていますが、最近ではアレルギー症状の元凶のひとつ、ヒアルロニダーゼの働きを抑える効果があることが学会で発表され、注目を集めています。
抗アレルギー成分として定評のあるプロポリスと、レモンバームの有効成分があわさった、花粉で悩む方や予防したい方におすすめの商品です。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

西武の松坂大輔投手(25)が、最大のピンチに見舞われた蓮 持病の花粉症が発症したが、例年、症状緩和のため使用しているステロイドが、今年は使えないという怜 国際大会では禁止薬物になっているためで、WBC代表も務める松坂は、当分は鼻水に悩
2006/02/09(Thu) 16:47:38 |  トリプルプレーを実行せよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。