ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本代表のMF中田英寿が始めてイタリアのクラブに移籍したチーム、ペルージャのルチアーノ・ガウチ元会長が、クラブの資金を流用、横領などの容疑で指名手配された。

捜査当局の調べによると、00年1月に中田英がASローマへ移籍したさいの移籍金約1500万ユーロ(約22億円)も消えた疑いがあるとのこと。

元会長は資産流用について一部容疑を認めているものの、中田の移籍金に関しては関与を否定している。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。