ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBCフェザー級タイトルマッチがおこなわれ、同級5位の越本隆志が同級王者の池仁珍(チ・インジン)を2―1の判定で破り、新チャンピオンとなった。

これまで日本人が世界王座を奪取した最年長記録は輪島功一の持つ32歳9カ月。35歳になる越本はこの記録を大幅に更新した。またフェザー級の日本人王者は、72年に王座を明け渡した柴田国明以来34年ぶり。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

<ボクシング>35歳・越本が世界王座奪取 最年長記録(毎日新聞)  
2006/01/30(Mon) 00:56:41 |  きー坊のスポーツ応援日記
昨日は、スポーツの祭典!?かのように話題てんこ盛り!その中でも俺の心を掴んだのは・・・日本最年長でWBCフェザー級王者に輝いた越本選手(35歳)の活躍と大阪国際マラソンの坂田昌美選手(21歳)の活躍だった。
2006/01/30(Mon) 22:57:07 |  GetDream
35歳・越本が世界王座奪取 最年長記録ちょっと前のニュースなんですが、これはどうしても書きたかったんで。
2006/02/02(Thu) 19:35:59 |  Reality Bites
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。