ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都内で実行委員会が開かれレンタル制度について議論され、国内レンタル移籍制度の導入は先送りとなった。楽天から具体案が出されたが、球団の機密漏えい、敗退行為などの不正防止といった問題点が解消されず、3月7日の実行委員会で再び話し合われる。

また、監督会議ではヤクルトの古田敦也監督の選手権監督という立場での問題も話され、マウンドに行く際の立場は、出場時は捕手、出場していない時は監督とされることが確認された。なお、退場になった場合は監督、選手に関係なく、その試合そのものから除かれることとなる。そのため、例えば選手として退場となっても、監督としてベンチに残り采配を振るうということはできない。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。