ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本シリーズが終了し、本日からフリーエージェント(FA)権を持つ選手は、権利行使の意思を表明できる。現在12球団で75選手がFAの行使が可能。
選手は26日から11月4日までに在籍球団に対してFA行使の通知をし、11月5日にコミッショナーがFA宣言選手として公示される。翌6日から在籍球団だけでなく、国内外のチームと契約交渉が可能。

これまでにFA権の行使を宣言し書類申請したのは、阪神の藪恵壹投手(36)、巨人の仁志敏久内野手(33)、清水隆行外野手(31)、ヤクルトの鈴木健内野手(34)、真中満外野手(33)、稲葉篤紀外野手(32)、近鉄の大村直之外野手(28)の7人。
藪、仁志、稲葉はメジャーへの移籍も視野に入れている。



最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。