ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミニチャンプス 1/18スケール ウィリアムズ ルノー FW16 No.2/1994 アイルトン・セナロス...1991年スペインGPでジョーダンからF1ドライバーとしてデビューしたアレックス・ザナルディの自伝の権利をアメリカの制作会社が買い取ったことにより、映画化されることが決まった。

F1でデビューを果たしたもののとくに目立った結果を残せず、シートを失う。1995年にF1からCARTシリーズに参戦、97,98年には2年連続でチャンピオンとなった。

CARTでの成果を認められ、翌1999年にF1のトップクラスのチームであるウィリアムズからオファー。しかし、結果が残せず1年で解雇。

休養後の20001年、再びCARTへ戻ったザナルディに悲劇が起こる。ドイツで行われたレースで他車とクラッシュ、両足を失う重傷を負ってしまった。それでも翌2002年には特別に製造されたマシンに乗り、2003年からはドライバーとして本格的に復帰し、今も走り続けている。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。