ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ロッテ】
小宮山悟投手は現状維持の3500万円でサイン。今季は23試合に登板、0勝0敗1セーブ、防御率3.79。

山崎健投手は1000万円増の3200万円でサイン。今季は40試合に登板、1勝2敗1セーブ、防御率3.35。


【オリックス】
大久保勝信投手は2400万円増の4200万円でサイン。今季は39試合に登板、2勝2敗22セーブ、防御率1.60。2年間まともに投げることができなかったが、見事に復活した。

平野恵一内野手は1600万円増の4800万円でサイン。今季は118試合に出場、打率2割8分5厘、3本塁打、33打点。


【日本ハム】
高卒ルーキーのダルビッシュ有投手は倍増となる1500万円増の3000万円でサイン。今季は14試合に登板、5勝5敗、防御率3.53。


【阪神】
赤星憲広外野手は5000万円増の年俸1億8000万円でサイン。今季は145試合に出場、打率3割1分6厘、1本塁打、38打点、60盗塁。3年連続の3割、5年連続の盗塁王と安定した成績を残している。

今岡誠内野手は8000万円増の3億3000万円でサイン。今季は146試合に出場、打率2割7分9厘、29本塁打、147打点。打率こそ3割をかなり下回ってしまったが、打点は球団新。野手では日本ハム小笠原道大内野手の3億8千万円に続いて、高年棒となった。

鳥谷敬内野手は前回提示から300万円上積みされ、1800万円増の3800万円でサイン。今季は146試合に出場、打率2割7分8厘、9本塁打、52打点。


【ヤクルト】
藤井秀悟投手は3400万円増の8900万円でサイン。今季は28試合に登板、10勝12敗、防御率3.43。怪我の影響もなく、今季はきっちりローテーションを守り、3年ぶりの2ケタ勝利をあげた。


【巨人】
上原浩治投手は2000万円減の3億4000万円でサイン。減棒となったものの、現役投手では日本球界最高年俸を維持している。今季は27試合に登板、9勝12敗、防御率3.31。また、ポスティングシステムによる米大リーグへの移籍をしないことも決まった。これにより上原がFA権を得て好きな球団と交渉ができるようになるのは、早くても08年のオフからということになる。

仁志敏久内野手は2000万円減の1億8000万円でサイン。今季は128試合に出場、打率2割6分9厘、11本塁打、45打点。


【広島】
最多勝を獲得した広島の黒田博樹投手はタイトル料込みで8500万円増の2億円でサイン。今季は29試合に登板、15勝12敗、防御率3.17。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。