ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOYOTA CUP2005限定ユニフォームサッカーのクラブ世界一を決める「FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ ジャパン2005」の決勝が行われ、南米代表サンパウロFC(ブラジル)が欧州代表リバプールFC(イングランド)を1-0でやぶり、初代王者に輝いた。

リバプールが優勢に試合を進めるが、前半27分、2列目から飛び出したミネイロにパスが通り、サンパウロが先制。その後は守備を固め、21本ものシュートを放ったリバプールの猛攻に耐え、1点差を守りきった。

また、北中米・カリブ海代表のサプリサとアジア代表アル・イテハドによる3位決定戦は、アル・イテハドが試合終盤まで2-1でリード。しかし、サプリサが後半40分にPKで同点にすると、44分にはロナウド・ゴメスが直接フリーキックを決め、3-2でサプリサが勝利、3位となった。

なお大会MVPにはGKロジェリオ・セニが選ばれた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。