ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今季、プロ野球オリックス・バッファローズの監督を務めた仰木彬氏が15日午後4時10分、ガンで亡くなった。88年に近鉄の監督に就任以降、近鉄の野茂英雄やオリックスのイチローら球界を代表する選手を育て、リーグ優勝3回、日本一1回達成。『仰木マジック』と称されるなど名監督として知られていた。

昨年、近鉄とオリックスが合併、その指揮を任された。他球団の選手同士が混ざり合う複雑な状況ながらチームをプレーオフ出場を争えるほどにまでまとめあげ、来季も続投することを望まれていた。しかし体調面の不安からシニアアドバイザーとして球団をサポートする役職へ就任していた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。