ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優勝の可能性のある5チームが残ったJリーグ最終節は、首位セレッソが引き分け、2位ガンバ大阪が勝利したことにより、ガンバ大阪が初優勝。

男らしさが滲み出る一品。ハゴロモ 2006宮本恒靖(ガンバ大阪) ISBN4-7774-2254-2【カレンダー】ガンバは1点を先制すれば追いつかれ、勝ち越しても追いつかれるという嫌な展開。しかし、後半34分にPKを得て、遠藤がこれを決め勝ち越す。ロスタイムでさらにアラウージョが追加点を上げると、セレッソが同点に追いつかれた知らせもあったためか、観客がスタンドから降りてきてしまうほど歓喜に沸いた。

首位セレッソはFC東京と対戦。前半は1-1、後半開始直後に西沢が勝ち越し点を奪う。このまま試合終了かと思われたロスタイムに今野に同点弾を決められ、2-2で引き分け。

3位浦和、4位鹿島はともに4-0で大勝したが、逆転優勝はならなかった。
順位チーム勝点順位チーム勝点









10
G大阪
浦和
鹿島
千葉
C大阪
磐田
広島
川崎
横浜
F東京
60
59
59
59
59
51
50
50
48
47
11
12
13
14
15
16
17
18
大分
新潟
大宮
名古屋
清水

東京V
神戸
43
42
41
39
39
35
30
21
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。