ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上位3チームがそろって足踏みをし、最終節まで優勝の行方がわからなくなってきた。

首位ガンバ大阪は14位の大宮と対戦。後半終了近くで1失点し、0-1で破れ2連敗。勝てば首位に立つセレッソ大阪も11位の大分に1-1で引き分けてしまった。3位の鹿島も横浜に0-2で破れ勝点を増やすことが出来ず、これにより勝点57でガンバとセレッソが並んだ。

上位陣が勝点を増やせないことで勝てば優勝争いに復活できる4位浦和は5位の千葉と対戦。こちらも終了間際に千葉が1点をとり、0-1で破れた。浦和と千葉はともに勝点53。残り2試合で首位との勝点差4を縮めるのはちょっと厳しい。

降格争いでは柏と東京ベルディが引き分けた。次節ではこの両チームが直接対決する。柏が勝つか引き分けで東京ベルディの降格が決定する。
清水は神戸に1-0で勝利し貴重な勝点3を獲得。次節引き分け以上、もしくは柏が引き分けか敗戦で降格争いから抜け出る。
なお、清水からMF沢登正朗が今季限りで現役引退する事が発表された。沢登は1993年にJリーグ新人王を獲得、J1最多試合出場記録となる通算380試合に出場、85得点。日本代表では16試合出場で3得点。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。