ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
totoを運営する日本スポーツ振興センターが06年シーズンから3等を廃止する方針を決めた。売り上げの落ちこみが続き、来年度のスポーツ振興助成金が過去最低となることが影響しているらしい。3等がなくなることで1等の当選払戻金の配分比率が増えることになる。賞金が高額となることで売り上げ増を見込む。

totoは指定されたJ1,J2の13試合の勝敗を予想するもの。13試合全て的中すれば1等、1つ外れた場合が2等となる。最近行われた第190回totoでは1等が1口あり、当せん金は1億5222万9950円だった。第187回のtotoでは1等が201口もあり、当せん金は34万5854円まで下がってしまう。ただ、1等のなかった第188回のtotoでは3等でも20万9830円(189口)とそこそこの金額になることもある。なかなか当たらない1,2等の当せん金を増やしても、3等すら当たったことがない人にとっては購買意欲につながるかどうかが微妙なところ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。