ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカンリーグとナショナルリーグの最優秀監督賞がそれぞれ発表された。

ア・リーグ最優秀監督賞にはシカゴ・ホワイトソックスのオジー・ギーエン監督(41歳)、ナ・リーグ最優秀監督賞にはアトランタ・ブレーブスのボビー・コックス監督(64歳)が選出された。

ギーエン監督は就任2年目となる今季、99勝63敗のリーグ最高勝率をマーク、ポストシーズンでは前年王者のボストン・レッドソックスに3連勝、ヤンキースを降したアナハイム・エンゼルスにも勝利し46年ぶりにリーグ制覇。ワールドシリーズではヒューストン・アストロズに4連勝し、1917年以来3度目の優勝を果たした。

コックス監督は90勝72敗の好成績でアトランタ・ブレーブスの地区14連覇を達成し、昨年に続き同賞を受賞。85年のトロント・ブルージェイズ、91年のブレーブスの時にも選出され、セントルイス・カージナルスのトニー・ラルーサ監督に並ぶ、史上最多となる通算4度目の受賞となった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

MLB.com より。アメリカンリーグの最優秀監督にオジーギーエン。これは今更文句のつけようなし。なんせ"ball"なんだから...特に終盤戦はホント笑わせてもらった。
2005/11/10(Thu) 16:13:20 |  I LIVE FOR THIS by "j"eter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。