ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天から戦力外通告されていた小倉恒投手が、再び楽天と契約することとなった。小倉投手は合同トライアウトに参加、視察に訪れた野村克也新監督が獲得を希望していた。

選手枠の都合から一度は「再雇用はできない」とされたが、球団と監督が改めて話しあった結果、「投手陣の強化が最優先」ということで再雇用が決まったとのこと。

小倉投手は平成5年ドラフト7位でヤクルトに入団、その後オリックスへ移籍した。今季は15試合に登板、1勝2敗、防御率7.79通算では296試合に登板、42勝40敗28セーブ、防御率3.95。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。