ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【西武】
和田一浩外野手(32)が契約更改交渉を行い、9000万円増の年俸2億5000万円でサイン。今季は109試合に出場、3割1分9厘、30本塁打、89打点の成績をあげ、3年連続3割30本塁打をマーク。アテネ五輪にも出場し、日本シリーズでは4本塁打を放つなど活躍した。

星野智樹投手(27)も契約更改交渉を行い、2000万円増の3300万円でサイン。中継ぎとしてチーム最多の56試合に登板、4勝3敗、防御率2.15と安定した成績を残した。
【ホークス】
ダイエーホークスからソフトバンクホークスへ新しくチーム名が変わってから初めての契約更改がおこなわれた。

今季3冠王の松中信彦内野手(31)が契約更改交渉にのぞみ、年俸3億2000万円プラス出来高払い3000万円でサイン。3割5分8厘、44本塁打、120打点とタイトルをいくつか獲得したが、今季は3年、総額10億5000万円の複数年契約を結んでいるため、来季の年棒自体は特にかわらない。

山田秋親投手(26)も2度目の契約更改交渉に臨み、前回提示額と同じ1300万円増の年俸3500万円でサイン。今季は主に中継ぎとして35試合に登板、6勝2敗1セーブ、防御率3.90の成績を残している。
最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。