ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエーでは和田毅投手(23)らが契約更改をおこなった。和田は昨年よりも勝ち星や防御率が悪くなったものの、アテネ五輪で2勝上げるなど活躍もした。

自己最多となる9勝を挙げた倉野信次投手(30)は2500万円増と今季よりも倍以上の年棒でサイン。

【投手】
名前(所属)年棒(増減)試合勝敗防御率
川村(横浜)5900万
(+300万)
584勝8敗3.07
和田(ダイエー)9500万
(+1500万)
1910勝6敗4.35
岡本(ダイエー)8000万
(-2000万)
0勝0敗4.70
星野(ダイエー)7000万
(+1000万)
217勝8敗4.64
倉野(ダイエー)4500万
(+2500万)
379勝1敗2.55
寺原(ダイエー)2800万
(-800万)
0勝0敗7.56
巨人では二岡智宏内野手(28)が契約更改。今季は怪我の影響もあり出場試合数、打撃成績は昨年を下回る結果となった。

阪神では今岡誠内野手(30)が2000万増でサイン。3年連続で3割をマークし、本塁打、打点は自己最高の成績だった。

楽天の礒部公一外野手(30)はチームで初めて複数年契約となる2年、総額3億円で契約更改した。

【野手】
名前(所属)年棒(増減)試合打率打点
二岡(巨人)1億4000万
(-3000万)
91.26949
今岡(阪神)2億5000万
(+2000万)
138.3062883
木元(日ハム)6000万
(+2300万)
132.28562
サブロー(ロッテ)4200万
(-500万)
89.25633
磯部(楽天)1億3000万
(+5200万)
120.3092675
最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。