ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2年目の久保裕也投手(24)が契約更改交渉を行い、1000万円増の年俸4000万円でサインした。今季は先発、中継ぎ、抑えと色々な場面で35試合に登板、7勝6敗8セーブ、防御率4.07の成績だった。

昨年頭角を現し期待されていた林昌範投手(21)は300万円増の2100万円でサイン。今季は25試合に登板、3勝9敗、防御率4.89。シーズン開幕当初は先発で起用されていたが、思うように勝ち星に結びつかず、中継ぎで起用されることもあった。

2度目の交渉となる岡島秀樹投手(28)は600万円増の1億600万円でサイン。今季は53試合に登板、4勝3敗5セーブ、防御率3.08。
最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。