ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西武の西口文也投手(32)が1600万円増の年俸2億円で契約を更改した。

今季は21試合に登板し、10勝5敗、防御率3.22の成績で、勝利数は松坂、帆足とともにチーム内では最多。今季FA権を取得したが行使はしなかった。

また、長田秀一郎投手(24)、高木浩之内野手(32)も交渉を行った。

長田は34試合に登板、2勝3敗、防御率3.18の成績を上げ、1100万円増の3600万円でサイン。

高木は103試合に出場、2割5分4厘、2本塁打、28打点で規定打席にも届いていないこともあり、300万円増の7600万円でサイン。
最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。