ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
柏レイソルのMF下平隆宏(32)が、現役引退を表明。今季は選手会長を勤め13試合に出場。しかし第2ステージの途中からベンチにも入ることがなくなり、出場機会もなく戦力外通告を受けた。
柏では13年間、レンタル移籍していた東京では2年間プレー。J1では通算234試合に出場、3得点を記録している。

セレッソ大阪のMF広長優志(29)も現役引退を発表。1994年にヴェルディ川崎(現東京V)へ入団し、96年のアトランタ五輪のメンバーにも選出される。J1では143試合に出場、7得点。2003年からセレッソ大阪に移籍していたが、怪我により今季は出場機会がなかった。

最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。