ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日はドミンゴ・グスマン投手(29)と2年、総額240万ドル(約2億5200万円)で契約することを合意したと発表。今季は先発要員として23試合に登板、10勝5敗、防御率3・76の成績。
ドミンゴは一昨年、年棒2000万円で横浜へ入団し、1年目に5勝5敗、防御率2.79、昨年は5500万年棒が上がり、8勝12敗、防御率4.69、今季から中日へ移籍してセリーグ優勝に貢献。
同じく中日の山井大介投手(26)も契約更改交渉に臨み、350万円増の2000万円でサインした。シーズン中は同僚とじゃんけんをして先発のチャンスをつかみ試合にも勝利し、一時期有名になった。
今季8試合に登板、2勝1敗、防御率3・33の成績。日本シリーズでは第4戦に先発し、1勝を挙げた。


巨人も22日から若手を中心に契約更改がスタート。11選手が交渉に臨んだ。
自由獲得枠で入団した新人の内海哲也投手(22)は今季は3試合に登板し、0勝0敗、防御率5.14だったが、現状維持の年俸1500万円で更改。
高卒の新人西村健太朗投手(19)は120万増、平岡政樹投手(19)は180万増でともに720万円で更改した。
最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。