ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日の正津英志投手(32)、宮越徹投手(26)と西武の大友進外野手(30)、玉野宏昌内野手(26)との2対2の交換トレードが両球団から発表された。
正津は2001年に53試合に登板するなど中継ぎとして活躍していたが、それ以降は怪我などもあり15試合、6試合と登板数が減り、今季はマウンドに立つことが無かった。今季の推定年棒は4000万円。

宮越は今季中継ぎで7試合に登板するが、プロ通算20試合、0勝2敗とまだ勝ち星がない。推定年棒は800万円。


大友は西武で一時期外野手のレギュラーを勤めるほどの実力があったが、今季は怪我もあり未出場。ここ3年間も良い成績を残せておらず、若手にポジションを奪われていた。推定年棒は4200万円。

玉野は入団当初、主砲と期待されていたが芽が出ず、今季も11試合に代打で出場するだけに終わった。推定年棒は840万円。

最新のスポーツニュースランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。