ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日ドラゴンズの山本昌投手が16日の阪神タイガース18回戦で、
無安打無得点試合(ノーヒット・ノーラン)を達成。

山本昌は41歳1カ月での記録達成となり、
オリックス・ブルーウェーブの佐藤義則投手が
40歳11カ月で達成した最年長記録を更新した。

ノーヒットノーランはプロ野球通算73人、84回目。
セ・リーグでは通算34人、37回目となる。

首位と2位との直接対決なのだから、
阪神打線がけっして気を緩めたり、手を抜いていたわけではない。
前日、川上の好投で完封負けをしたこともあり、
2戦目はよりいっそうモチベーションも高かったはず。

そういった状況の中でのノーヒットノーラン達成なのだから、
山本昌の集中力がとても素晴らしかったといえます。

40歳を過ぎても現役でいられる投手が少なくなったので、
山本昌以上の年齢でノーヒットノーランを達成する投手は、
しばらく現れないかもしれません。
スポンサーサイト
最新のスポーツニュースランキング

ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手が
8番DHで4ヶ月ぶりに先発出場を果たした。

復帰1打席目はタイムリーヒット、
その後の打席でも安打を放つなど、
4打数4安打1四球と怪我の影響を感じさせない活躍。

試合はヤンキースが初回に9得点を挙げるなど
12-4でデビルレイズに大勝した。
オランダリーグのヘラクレスを退団した平山相太
FC東京へ入団することとなった。

ヘラクレス退団後、複数のクラブからオファーがあったが、
現在リーグ11位で出場機会もあるFC東京を選択。

ちょっと情けないかたちでヘラクレスを退団してしまったので、
Jリーグではプロ選手としての自覚を意識してプレーしてもらいたいですね。
全米オープン女子シングルス決勝は、第3シードのマリア・シャラポワが第2シード、ジュスティーヌ・エナン・アーデンを6-4、6-4のストレートで勝利し初優勝。

シャラポワは2004年ウィンブルドン以来、2度目の4大大会制覇。

テニス用品店商品一覧
テニスショップアド
テニスショップエディ
中古テニスマーケット
ラケットプラザ
テニス市場
西武、ソフトバンク、日本ハムの上位3チームが仮に全敗しても、現在4位のロッテが3位以上に浮上することが不可能となったため、プレーオフに進出するチームが西武、ソフトバンク、日本ハムに決まった。

現在首位の西武は楽天に敗れ、ソフトバンク、日本ハムはそれぞれ勝利し、ゲーム差は1.5。この3チーム同士の直接対決は各2戦づつ残っており、リーグ戦の順位に大きな影響を与えそう。
 サッカーのオランダ1部リーグ、ヘラクレスは5日、FW平山相太(21)との契約を途中解除したと発表した。同日行われた同クラブのスミット会長と平山の代理人との会談で決定した。平山は契約を2年残していたが、双方合意による解消のため、違約金は発生しないとしている。
 平山は8月末に2軍調整を命じられ、現時点で戦力構想から外れていた。クラブ広報は「平山は日本に帰国して、大学での勉強を希望している」と話した。契約解除のため、Jリーグなどで移籍先を探すこともできる。
 アテネ五輪代表の平山は筑波大在学中だった昨年8月、ヘラクレスに入団。昨季はクラブ最多の8ゴールを挙げ、今季も開幕戦は先発出場したが、2戦目は出場機会がなかった。4月に筑波大は退学していた。
(時事通信)


1年目に活躍したことで、今季もそれなりに結果を残せると
ちょっと心にスキがあったのかもしれない。
せっかく大学を退学までして進んだ道だったんだから、
もっと貪欲に取り組む姿勢を見せるべきでしたね。

海外で活躍できる数少ないFWの選手だと思っていたので残念です。
秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、入院先の総合母子保健センター「愛育病院」(東京・南麻布)で帝王切開手術を受け、男のお子さまを出産された。

 皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位。男子の誕生は1965年11月の秋篠宮さま以来41年ぶりとなる。

 宮内庁によると、お子さまは身長48・8センチ、体重は2558グラムで、母子ともにお健やかという。
(読売新聞)


テレビではどこも同じような特番を組むなど、ちょっと騒ぎすぎじゃない?と思う部分もありますが、無事に男の子が生まれて良かったです。
プロ野球は来期からセ・パともにポストシーズンゲームが実施されることになった。

おおまかな形態はセ・パともにシーズン2位と3位のチームが3試合制の第1ステージを戦い、その勝者と1位のチームが5試合制の第2ステージを戦う。セ・パともに勝ち残ったチームが7試合制で日本一を目指す。

また、試合数は交流戦が現行の36試合から24試合に減少し、リーグ戦120試合の計144試合。なおリーグ1位のチームはリーグ優勝として扱われることになる。

優勝争いから脱落したチームを含めると、
経営上は多少良くなるのかもしれないが、
プロ野球人気が回復するのかは疑問が残ります。
バラエティ番組『Qさま』の企画で潜水公式記録大会が行われた。

前回放送時(7月17日)では、安田大サーカスの団長が日本歴代1位となる115メートルを記録している。

今回はその団長も含め、かつての日本記録保持者も番組に参加。

まず芸人のオードリー春日がいきなり歴代3位となる110メートルを記録する。そしてタレントの野久保直樹が116メートルを記録し、団長の記録を更新し、日本記録保持者となった。

番組放送時点での歴代記録は以下のとおり。
(青字が今回達成された記録)

1位 116M 野久保直樹
2位 115M 安田裕己(安田大サーカス団長)
3位 110M オードリー春日
4位 108M 林亨
5位 105M 永岡隆昭(元日本記録保持者)
6位 100M 守屋滋記(潜水士)
アジアカップ予選第3戦、サウジアラビア戦が行われ、日本は0-1でサウジアラビアに敗れてしまった。この結果、サウジアラビアが勝ち点を9としグループ首位に立ち、日本は勝ち点6のまま2位に後退。

日本が先制するチャンスは何度かあった。
とくに前半40分すぎ、サウジアラビアのペナルティエリア内で三都主が相手DFともつれてボールがこぼれたところを田中達也がフォロー、DFのスライディングもかわしシュートを放ったが、ゴール枠外にはずしてしまった。

失点の場面では日本のDFラインの前にぽっかりと中央にスペースがあき、そこを使われてしまった。ペナルティエリア前までドリブルを許し、ミドルシュートを打たれてしまう。闘莉王がブロックするも、こぼれたボールが相手に渡り、得点を決められてしまう。

アウェーということも考えれば内容はけっして悪くはなかった。
ただ、Jリーグではレギュラーとして活躍選手が集まった割にはミスが目立つ。Jリーグで普段プレーしているレベルでは、強豪相手にはちょっと通用しないかな・・・という印象。
第11回世界女子ソフトボール選手権で、日本は中国と対戦。
延長戦の末、中国を1-0で破り、準決勝へ進出するとともに、北京五輪出場権を獲得した。

これで日本は4大会連続の出場となった。初出場の1996年アトランタこそ4位だったが、2000年のシドニーでは銀メダル、前回のアテネでは銅メダル。

なお、2012年のロンドン五輪ではソフトボールの競技が実施されないことが決まっている。ソフトボールはオリンピックで日本がメダルを獲得できそうな数少ない競技なので、北京では金メダルを期待。
楽天がソフトバンクとの18回戦で6-3と勝利し、昨季を上回る39勝目をあげた。

8月29日の日本ハム戦で勝利、昨年のシーズン勝利数に並び、球団記録更新は時間の問題だったが、その後4連敗。ようやく昨年を上回る勝利数を上げることとなった。

昨年はあきらかに投打両面で他球団よりも戦力が乏しかった。しかし今季は得点、本塁打数こそ他球団より劣るものの、チーム打率はロッテ、オリックスを上回っている。

投手陣のがんばり次第では、今季の勝利数はまだまだ更新できそう。
横浜の牛島和彦監督(45)が今季限りで退団すると発表。

横浜の監督に就任して1年目の昨年は69勝70敗7分けで3位。しかし今季は9月3日現在、47勝68敗3分けで最下位と低迷していた。

3年連続最下位だったチームが、牛島監督になって3位。今年は主力選手の怪我の影響もあり最下位ながらも、村田、吉村と若手選手が成長。来期以降が楽しみなチームだったので、このまま続投させても良かったんじゃないかな。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。