ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨人が大リーグ、米大リーグ、ロッキーズ傘下3Aコロラドスプリングズに所属する松井稼頭央内野手(30)の調査に乗り出していることが7日、明らかになった。低迷にあえぐ今季は『二塁』を固定できておらず、調査の結果次第では、今季限りで契約の切れる松井稼の獲得に動く可能性も出てきた。

 内野手の補強は来季に向けた最重要ポイントだ。今季チームは、『二塁』を固定できすに苦しんでいる。開幕二塁の小坂は打率・173と打撃不振でスタメンから外れることが多く、昨年までのレギュラーの仁志は不振で2軍調整中。6月に広島から獲得した木村拓や、新人の脇谷らを起用するなど試行錯誤を繰り返している。
(デイリースポーツ)

一昔前のように二遊間は守備力の高い選手を置けばいい・・・というものでもなくなりました。各球団の主な二塁手の成績をみると、それなりに打撃成績を残しています。(数字は8月6日までの成績で、左から打率、本塁打、打点)

荒木雅博(中) .287  1 16
藤本敦士(阪) .248  1 20
ラロッカ (ヤ) .295 18 62
東出輝裕(広) .295  0 11
内川聖一(横) .295  4 23

一方、巨人の二塁手は小坂と仁志がいます。

小坂 誠 .173 0 10
仁志敏久 .186 1 7

2人の打率を足して2で割ってみても、1割7分8厘と散々な数字。

いくら守備に定評があってもこれでは・・・という気持ちはわかるけど、もうこういう補強の仕方は考え直したほうがいいんじゃないかと思ったりもします。

メジャーから日本球界へ復帰した野手では、新庄や中村紀がいます。
参考までに彼らの成績を見ると・・・

新庄剛志 .263 13 46
中村紀洋 .226 12 43

新庄は復帰1年目はまずまずの成績でしたが、2年目は低迷。3年目の今季もそこそこの成績を残してますが、すでに引退を表明。中村紀にいたっては怪我もあり、彼本来の成績は残せていない。

日本で実績のある松井稼の年俸が1億円以下ならお買い得感もありますが、復帰して期待通りの活躍をしてくれるかどうかは疑問です。
スポンサーサイト
最新のスポーツニュースランキング

7日、U-21サッカー日本代表はU-21中国代表と親善試合を行い、2-0の勝利。

序盤から中国が優勢に試合を運び、日本はシュートすらまともに打てない展開。しかし後半に入ると、7分に本田圭のヘディングゴールで先制。17分には増田がペナルティーエリア内でDFをかわし、キーパーの位置を確認しつつ、落ち着いて左足でゴールを決めた。

北京オリンピック出場を目指すU-21代表にとっては好スタート。なお、DF青山直晃(清水)がA代表のトリニダード・トバゴ戦のメンバーに追加されたことが発表された。

次のW杯まで時間はあるので、適度に若い世代を呼んで練習に参加させたり、実戦で経験を積ませ、世代交代がうまく進むといいですね。
F1第13戦ハンガリーGP決勝がウェットコンディションのなか行われた。

序盤は前日の予選でペナルティを受け、後方のグリッドにいたM.シューマッハF.アロンソが順位を上げる。しかしM.シューマッハはペースが上がらず、やがて後退する。そしてG.フィジケラもM.シューマッハをパスする際に接触、その際M.シューマッハがフロントウィングを破損しスローダウン、ピットインせざるをえない状況となる。

いっぽうF.アロンソのほうは着々と順位を上げ、上位陣がピットをおこなうと一時的にトップに立つ。そしてとうとうM.シューマッハを周回遅れに。この時点で今回のレースの行方が見えたかに思われました。
F1グランプリ 2006年総集編 VOL.1 R.1~R.6 完全日本語版


ところが51周目にF.アロンソが最後のピットストップを行った直後、スピンを喫しコースアウト、マシンは破損し、リタイアとなってしまった。

ライバルがリタイアによりノーポイントとなり、一気に差を縮めたいM.シューマッハは、他チームがドライタイヤを選択しピットインするなか、インターミディエイトで勝負に出る。2位のN.ハイドフェルドの背後までせまり2位のポジションを伺う。そのハイドフェルドもドライタイヤへ交換するためピットイン、M.シューマッハが2位となった。

しかし路面はドライコンディションに向かい、3位のP.デ・ラ・ロサにパスされ、さらにピットインでタイヤ交換したN.ハイドフェルドにも抜かれてしまった。その際、軽く接触があったようでM.シューマッハは直後にピットイン、そのままリタイアとなってしまった。

PMA 1/43 ホンダ レーシング F1 チーム Showcar 2006/R.バリチェロF.アロンソがリタイアしたあとトップに立ったのがホンダのJ.バトン。後続との差が大きい間にピットインしドライタイヤに替え、そのままゴール。ワークスチームとしてのホンダにとっては1967年以来39年ぶりとなる優勝。また、J.バトンにとっても114戦目で嬉しい初優勝となった。

なお、7位でフィニッシュしたBMWザウバーのロバート・クビカが重量測定で違反となり失格。9位完走扱いだったM.シューマッハが8位に繰り上がり、1ポイントを獲得した。

WBA世界ライトフライ級王座決定戦は、
亀田興毅が1Rにダウンをしながらも判定のすえ、王座についた。

対戦相手のフアン・ランダエタは
序盤から攻勢に出る亀田を巧みに受け流し、
経験の差を感じさせる試合運びをみせる。

1R終盤に亀田からダウンを奪い、
中盤はどっちがポイントを取っていても
おかしくないほど五分五分の展開。
そして11R以降はランダエタが亀田を圧倒する場面もあり、
判定ならランダエタ・・・と思った。

しかしジャッジは2-1で亀田。

亀田が世界チャンピオンになったのは良かったと思うけど、
やはり微妙な判定に助けられた・・・という感が強い。

トップレベルの相手だと今までのような
ボクシングスタイルは厳しいのだろうか?とさえ思わされるが、
考えてみれば亀田はまだ19歳。

これまで練習したとおりのボクシングを貫くなど、
若さの出た試合展開だったが、最後までよく頑張ったとは思う。
ただ、今回の世界戦を見た限りでは、
チャンピオンになるにはまだ早い・・・とも思った。

これまでは世界を狙うボクシング界のスタートして
テレビなどでも大きく取り上げられチヤホヤされてきましたが、
王者になったことで今後は結果だけを求められる。

年末に初防衛戦が予定されているようなので、
今度は「ぶさいくな試合」にならないことを期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。