ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W杯F組、日本対ブラジル戦は、ブラジルが4-1で勝利。この結果、ブラジルはF組1位が確定し、日本はグループリーグ敗退となった。

日本は警告累積により欠場の宮本の代わりに坪井が入り、これまで先発していたFWの高原、柳沢ではなく、巻と玉田が先発出場。すでにグループリーグ突破を確定しているブラジルも控え選手が数名先発出場した。

ベストメンバーではないとはいさすがにブラジル。日本は再三ゴールを奪われるピンチを招くが、GK川口の好セーブもあり、何とか耐える。そして前半の34分、サイドの三都主にボールが渡ると、玉田がDFの裏へ走りこみパスを受けシュート。これが見事決まり先制ゴールとなる。

その後もブラジルの攻撃を受けるが、なんとか無得点に抑え、そのまま前半終了か・・・と思われたが、前半のロスタイムにロナウジーニョのセンタリングをシシーニョが折り返し、ロナウドがヘッドで決めて同点となってしまう。ロナウドについていた中沢がほんの一瞬シシーニョのほうを向いたときにマークがゆるみ、ロナウドにしっかりとしたヘディングシュートを打たせるスキを与えてしまった。

最低でも2点差での勝利が絶対条件の日本にとってブラジルからさらに2点を取らなくてはいけない厳しい状況となる。

後半も日本は得点を奪いにいくが、前半で日本のプレースタイルに慣れたのか、ブラジルの猛攻が続く。そして後半8分にジュニーニョの豪快なミドルシュートで逆転されると、続く14分にもジウベルトが角度のないところからシュートを決め、追加点を上げる。

互いに選手交代をするが、日本の運動量はすでに落ち、後半36分にロナウドが4点目を奪われ万事休す。


同じころに開始したオーストラリア対クロアチア戦は、クロアチアが点をあげるたびにオーストラリアが追いつき、2-2の引き分け。オーストラリアが初の決勝トーナメント進出を決めた。
スポンサーサイト
最新のスポーツニュースランキング

W杯グループリーグ2戦目で日本はクロアチアと対戦。

前半21分に宮本がクロアチアにPKを与えてしまったが、川口が左サイドへ横っ飛びし、左手1本でボールをはじき出した。意気消沈したクロアチアから1点をもぎ取りたいところだが、大きなチャンスもなく前半は無得点に終わる。

後半開始から日本は稲本を投入。ジーコはオーストラリア戦よりも早めに動いた。それが功を奏したか、前半6分、相手のクリアボールを拾い、右サイドを加地が突破しゴール前へセンタリング。日本とクロアチアの選手がもつれるが、ボールはゴール前のやや左に詰めていた柳沢に渡る。柳沢はこれをシュートするが、ゴールの枠をそれ、決定的なチャンスを逃してしまった。

その後、ともに選手交代をし一進一退の攻防を繰り広げるが決め手を欠き、スコアレスドローに終わり、お互い勝点1を得るに留まった。

F組もう一つのカード、ブラジル対オーストラリア戦は、2-0で勝利したブラジルがトーナメント進出を決めた。日本がトーナメントへ進出するには最低でもブラジルから勝利しなければならない。また、オーストラリアはクロアチア戦に勝利すれば自動的にトーナメント進出が決まる。
W杯F組の日本対オーストラリア戦は、日本が前半、中村のゴールで先制。後半も残り数分のところまで1点のリードを守っていたが、後半39分にロングスローのこぼれ球をケーヒルに決められ同点。さらに44分にぺナルティエリアの外からケーヒルがゴールを決め、オーストラリアが逆転。日本は1点を追いかけ攻勢に出るが、カウンターをくらい、アロイージに駄目押しとなる3点目を決められ、3-1でオーストラリアが勝点3を獲得した。

日本が決勝トーナメントへ進むには、クロアチア、ブラジルに勝たなければならないという厳しい状況に追い込まれた。
B組
イングランド 1-0 パラグアイ】
[イ]オウンゴール

イングランドは前半3分、ベッカムの左サイドからのFKが相手DFのオウンゴールとなり先制。パラグアイは前半8分に正GKビジャルが負傷交代するなど、浮き足立っているのかボールが落ち着きがない。しばらくイングランドの攻勢が続いたが、イングランドはこの優位な状況を活かせなかった。次第にパラグアイも本来のサッカーを見せ、イングランドゴールを襲うものの、得点を挙げることはできず1-0でイングランドが辛くも逃げ切った。


B組
スウェーデン 0-0 トリニダード・トバゴ】

スウェーデンは初出場のトリニダード・トバゴ相手に苦戦。後半開始早々にトリニダード・トバゴのDFアヴェリー・ジョンがこの日2枚目の警告を受け退場となり、スウェーデンが数的優位に立つが、シュート21本を放ちながら無得点に終わり、スウェーデンにとっては痛い、トリニダード・トバゴにとっては価値ある引き分けとなった。


C組
アルゼンチン 2-1 コートジボワール】
[ア]クレスポ、サビオラ
[コ]ドログバ

コートジボワールが強豪アルゼンチンに対し試合の主導権を握る展開ながら、アルゼンチンが前半までに2得点を挙げる。後半、コートジボワールはFWの枚数を増やしドログバが1点を返す。コートジボワールはアルゼンチン以上のシュート数を放ちながら、この1点に抑えられ、アルゼンチンが逃げ切った。
05/07イングランド代表/ホーム/長袖/ジェラード
05/07イングランド代表
ジェラード
05/07スウェーデン代表/ホーム/半袖/リュングベリ
05/07スウェーデン代表
リュングベリ
05/07アルゼンチン代表/ホーム/半袖/メッシー/アディダスジャパン
05/07アルゼンチン代表
メッシ
米大リーグ、メッツの松井稼頭央内野手(30)がロッキーズのイーライ・マレーロ外野手とトレードされることになった。松井稼は今季初打席を3年連続となる初打席本塁打を達成するなど、これまで以上の活躍に期待を持たせたが、5月にると急降下。今季は38試合に出場、打率2割、1本塁打、7打点とメジャーに来て以来、最悪ともいえる不振に陥っている。

ロッキーズによると、松井稼を傘下のマイナー、3Aのコロラドスプリングズでしばらく調整させる方針。
第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会が開幕し、開催国ドイツがコスタリカと対戦。バラックの欠場が不安視されたが、ドイツは前半6分、左サイドでボールを受けたラームが強力なミドルシュートを放ち先制。しかし、コスタリカもワンチョベがDFの裏へ走りこみ、GKと1体1となり、同点ゴールを決める。

追いつかれたドイツは17分にクローゼが勝ち越し点を奪うと、後半16分にもクローゼが2得点目を奪い、コスタリカを突き放す。コスタリカも後半28分にワンチョベが1点差に迫るゴールを奪うが、後半42分にドイツのフリンクスに4点目をあげられ、ドイツが開幕戦を制した。

A組もう一つのゲームはエクアドル対ポーランド。エクアドルがテノリオ、デルガドの2得点でポーランドに勝利。この結果により、ドイツとエクアドルが勝点3を獲得。

次戦、ドイツはポーランドと、エクアドルはコスタリカと対戦する。ドイツ、エクアドルが勝利すれば、この2チームが決勝トーナメントへ進むことになる。
ドイツW杯スーパーサブガイド
今季からF1に参戦しているスーパーアグリが、第3ドライバーとして山本左近(23)と契約したことを発表した。期間は第8戦英国GPから第10戦米国GPまで。

スーパーアグリは今季、佐藤琢磨と井出有治がドライバーを勤めていた。しかし井出有治が実力・経験不足を指摘され、F1に必要なスーパーライセンスを剥奪されたこともあり、第5戦ヨーロッパGPから第3ドライバーだったフランク・モンタニーがレギュラードライバーに昇格し、レースに参戦していた。
ミニチャンプス 1/43 スーパーアグリ F1 ホンダ SA05 バルセロナ テストカー 佐藤琢磨 (06年2月...
スーパーアグリ F1 ホンダ SA05

山本は2000年に鈴鹿フォーミュラレーシングスクールへ入校、翌年に全日本F3選手権に参戦、2002年から03年にかけて活躍の舞台をヨーロッパに移す。2004年に全日本F3へ戻ると、2005年からは国内最高峰のフォーミュラニッポンへ参戦、F1日本グランプリが開幕したときにはジョーダンのサードドライバーに抜擢され、レギュラードライバー以上の走りを見せていた。
日本代表のMF中村俊輔(27)が、7日午後のトレーニング中に左太もも裏に違和感を訴え、練習を途中で切り上げた。幸いにも病院へ行くほどの怪我でもないようで、念のために大事をとったとのこと。

しかし30日のドイツ戦以降、怪我人が続出。FWの高原、柳沢、DF三都主、加地らが別メニューの練習をするなど、W杯初戦のオーストラリア戦へ、ベストメンバーがそろうのかどうかの不安が残る。
シアトルマリナーズのイチローが7日のツインズ戦で6打数4安打と2試合連続の4安打を放ち、日米通算2500安打を達成した。

記録達成まであと「3」と迫っていたが、最初の打席では先頭打者本塁打、3打席目には内野安打、4打席目にセンター前ヒットを放った。日本では1278安打、メジャーで1222安打、計2500安打達成となった。

試合は延長戦となりイチローはこの日4本目のヒットも放ち、打率を3割5分8厘と上昇させ、打率ランキングでリーグ2位の位置につけた。
ロッテの小林雅英投手(32)が7日におこなわれた中日5回戦でセーブを挙げ、6年連続20セーブを達成した。これまでは自身をはじめ、江夏豊、高津臣吾が5年連続で20セーブを達成しているが、6年連続での20セーブはプロ野球史上初の快挙。

小林雅は2000年のシーズン途中から抑えに転向。2001年から3年連続30セーブも記録している。しかし、長年にわたるストッパーという役割は簡単なものではなく、2004年には20セーブこそ達成したもの、不調のシーズンだった。

2005年も不安を感じさせることもあったが、チームの日本一に貢献する役割を果たし、そして今シーズンは2002年にマークした37セーブ、防御率0.83という自己ベストのシーズン記録に迫る活躍を見せている。通算200セーブには残り14となったが、こちらも今シーズン中に達成される可能性が高い。
全仏オープンテニス4回戦でマリア・シャラポワがディナラ・サフィナと対戦。試合は第3セットまで進み、5-1とシャラポワがリードしたいたが、そこから崩れだし、サフィナが勝利した。

また、現在世界ランキング1位のアメリ・モレスモが新鋭ニコル・バイディソバに敗れると波乱もあった。バイディソバはまだ17歳。かつてのヒンギスやシャラポワのようにトップレベルの実力を発揮し、一躍注目を浴びる選手と成りえる・・・・かもしれない。
0427アップ祭9【スピードミントン】SPEEDMINTONシャラポワがイメージキャラクター話題のスピー...
広島の木村拓也外野手と、巨人の山田真介外野手の交換トレードが成立したことが明らかとなった。木村は内外野を守れるスイッチヒッターで、04年アテネ五輪代表にも選ばれていたが、今シーズンはブラウン監督の構想から外れ、1軍での出場はなかった。

現在5連勝中の巨人だが、怪我人が続出。現在先発出場を続けている選手もいつ怪我をしたり、古傷が再発するかわからない状況ということもあり、木村を獲得することとなった。

オリックスも怪我で選手層が薄くなり、巨人よりも一足早く木村の獲得を検討していたようだが、こちらは獲得の意思が固まらなかったようだ。

広島に移籍することとなった山田は、今季10試合に出場。打率1割4分3厘、2盗塁。4月23日に代走として出場して以降、1軍での試合出場はない。
ニッポン放送株大量取得の情報を事前に知ったうえで株を買い付けたことでインサイダー疑惑をもたれていた村上ファンドの村上世彰(よしあき)容疑者が、証券取引法違反の容疑で逮捕された。

村上氏は逮捕前の午前11時から記者会見を開き、これまでの経緯を説明、インサイダー取引疑惑を認め謝罪していた。その会見の中で、お金を儲けることが悪いことなんですか?と報道陣に問いかける場面もあった。

どうやら村上氏は儲けすぎたから自分が叩かれている、嫌われていると思っているようだが、儲けすぎて嫌うのは同業者くらいで、いくら儲けようが他人はそんなに関心ないでしょう。嫌われている原因が、お金で何でも思い通りに動かそうという自分の人間性の問題とは考えられなかったようだ。

一時は阪神タイガースという球団がどうなることかと思うこともあったが、これでひとまず不安はなくなりました。
秋田県藤里町の米山豪憲(ごうけん)君が殺害された事件で、死体遺棄容疑で、豪憲君宅の2軒隣に住む畠山鈴香容疑者(33)が逮捕された。容疑者は、4月に水死体で発見された畠山彩香ちゃんの母親で、娘の死亡した経緯について警察の捜査に疑問を持ち、何度かテレビでも取り上げられていた人物。

容疑者は逮捕後、死体遺棄については認めたものの、殺人については否定している。
サッカー日本代表は親善試合でマルタと対戦。先日、ドイツに2-2と引き分けた日本は、W杯に向けての最後の試合となるマルタ戦を、良い形で終わりたいところ。

そんな日本が開始直後から攻撃を仕掛け、わずか2分足らずの間に玉田が先制ゴールを奪う。幸先の良い滑り出しとなり、大量得点でオーストラリア戦へ、はずみををつけられると思われたが、前半の得点はこの1点だけに終わってしまった。

控えの選手の出場時間を増やすことも考えられていた日本は、小野を投入し、4-4-2の布陣で後半戦に臨む。センターバックが3人から2人になったことで、攻撃枚数を1枚増やす形となったが、守備を固めるマルタをなかなか突破できない。
2006サッカー日本代表スペシャルエディションCJC1川口・宮本・中澤コンボジャージーカード
2006サッカー日本代表、上から、川口・宮本・中澤

FWの玉田を下げ、MFの小笠原が投入されると、今度は4-5-1と1トップに変えた。その後、稲本、中田浩二、巻と選手交代。しかし、追加点を奪うことはできず、1-0のまま試合終了。DFラインを下げず、高い位置でボールを奪う場面は何度か見られたが、ドイツ戦で見せたような動きやキレはなかった。

サッカー日本代表は翌日は完全オフとし、6日からオーストラリア戦に向けて練習を再開する。

サッカー日本代表チーム・オフィシャル・クロノグラフウォッチサッカー日本代表チーム・オフィシャル・クロノグラフウォッチ

夢の舞台への切符を手に入れたサッカー日本代表チーム。ラストステージを目指す青き戦士たちの、“その日”を待ちながら、時を刻む《サッカー日本代表チームオフィシャル・クロノグラフ》。ケースは特殊なブルーIPメッキ、ベルトもブルーのシャークスキン。
4連勝中の巨人は、怪我から復帰した上原が先発。8回までカブレラのソロ本塁打1本、1失点に抑える。打線は昨日サヨナラ本塁打を打った清水が1番で起用され、西武の先発西口から初回先頭打者アーチを放つ。ともに本塁打による1得点のままゲームは進み、9回へ。

巨人は上原の後に久保を起用、西武を0点に抑える。西武は西口が続投し、この日1軍に昇格した脇谷に3塁打を打たれてしまう。西武は満塁策を選び、打席には清水。カウント1-2からセンターへやや浅めのフライとなったが、バックホームの返球も高めに反れ、3塁走者の脇谷がホームにタッチ。2夜連続で巨人がサヨナラ劇を演じた。
“読売ジャイアンツ”ジャイアンツポストカード(上原・B)

巨人は5連敗の後、5連勝。3連勝中の阪神がソフトバンクに破れたため、9日ぶりに首位に立った。

また、2日の西武戦で守備の際負傷した小久保は、指のはく離骨折と診断され全治6週間、3日の西武戦で2塁からホームへ帰る際に足を痛めた鈴木尚が出場選手登録を抹消された。
モトGPの世界王者でF1のフェラーリにテスト参加していたバレンティーノ・ロッシがヤマハと新たに1年契約を結んだ。これによりフェラーリからF1へ参戦することはひとまず白紙となった。

フェラーリの来季ドライバーは、ミハエル・シューマッハが現役続行するのかどうかも含めまだ流動的な状態。セカンドドライバーのフェリペ・マッサの去就も決まっておらず、マクラーレンからキミ・ライコネンが移籍するのでは?とのニュースもある。

ベータ:フェラーリ モデル ローラーキャビネット C29S/SF / 工具箱
ベータ:フェラーリ モデル ローラーキャビネット C29S/SF / 工具箱フェラーリ・F-1・ピットクルーもレースで使用する信頼の工具メーカー。

2004年フェラーリ「F-1」チームをサポートするベータより、待望のフェラーリモデル登場。専用のケースはブラックとイタリアンレッドで塗装され、憧れの「フェラーリエンブレム」ロゴが入る。

●工具箱、工具ケース、ツールキャビネット
●フェラーリ公認:シリアルナンバー入りホログラムシール付
●カラー:フェラーリモデル専用カラー&跳ね馬ロゴ
●ブレーキシステム:ハンドルガイド回転ロック式
●引出しロック機能:暗証番号ロックシステム
日本がドイツと引き分けたことについて、同じF組の各国メディアが警戒感を強めて報道した。第2戦で対戦するクロアチアのビエスニク紙は「初戦でブラジルと対戦した後、もう1つのブラジル代表が我々を待ち構える。ドイツよりも質の高いサッカーで、バルセロナのようにボールを長く支配できる」と高いテクニックとパスワークを称賛。2得点の高原とともにDF中沢を「日本の(バルセロナのスペイン代表DF)プジョル」と絶賛した。日本戦を楽観する声は一気に消えた。

 組み合わせ直後の世論調査で日本が最大のライバルという結果が出るなど、もともと日本への評価が高いブラジルでは「過去3回W杯を制したドイツを威圧」(フォーリャ・デ・サンパウロ紙)、「高原はジーコの現役時代のようだ」(グロボ紙)、「鍛えられた日本の守備はブラジルに問題となる」(ランセ紙)など、あらためて賛辞が並んだ。
 オーストラリアでは、オーストラリアン紙が「日本代表が悩み事を増やしてくれた」という見出しを掲げて日本の好内容の試合を詳報した。デーリー・テレグラフ紙は「試合はまさに『ホットアンドコールド』。最後に守備の問題を露呈した」と2得点後に2失点した日本の状況を冷静に分析していた。
日刊スポーツ

日本代表を応援、サポート!
他の代表国に比べ、日本から勝点3を奪うのはそう難しいことではないと思っていたが、日本がドイツと引き分けたことで楽観はできないとライバル国のメディアは感じたようだ。とくにブラジルでは、ジーコの現役時代を思わせるプレーと高原を大絶賛。

確かに日本はドイツ相手に引き分けという結果を出した。しかし、それで日本を持ち上げるのは、ちょっと過大評価なのでは?と思ってしまいます。まぁ、日本のメディアもライバル国の選手をすごい選手と取り上げることがあるので、それと似たような感じなのかもしれませんね。

今後の日程で、オーストラリアはオランダ、リヒテンシュタインと、クロアチアはポーランド、スペインと親善試合を行う。オーストラリア、クロアチアが、オランダ、スペイン相手にどんな試合を見せるのか、ちょっと気になります。

とくにクロアチアは監督の息子である選手の起用について問題となっている。他の選手が監督の起用方法に納得しプレーするなら支障はないだろうけど、そうでなければ不安材料を抱えた状態となります。先月末に行われたクロアチア対イラン戦では、クロアチアの選手が最終ラインでボールをまわすところで、相手にパスを出してしまうという信じられないようなミスを犯し失点。監督の起用法で騒がれることが、試合で選手に悪影響を及ぼすようだと、日本がクロアチアから勝点3というのも見えてきます。
プロ野球ロッテの西岡剛選手がタレントのさくらの交際が明らかとなった。2日発売の写真週刊誌には2人が料理店で会食しているところや、西岡のマンションへ入っていく様子などが掲載されている。

西岡は昨年ロッテで活躍、チームが日本一、アジア制覇すると共に知名度も上昇。オフにはTBS系「恋するハニカミ!」に出演し、そこでさくらと競演したことから交際に発展したようだ。

さくらの写真はこちら
ハニカミdate style
ハニカミ
date style
さくらはテレビ朝日系列の「NANDA!?」に出演中で、そこではスポーツの知識を深めたり、実際に運動してみたりと活発な面を見せている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。