ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際親善試合で日本代表は強豪ドイツと対戦。日本は後半、高原の2ゴールを奪うが、終盤2失点し、2-2で引き分けた。

失点はともにセットプレーからで、相手の意図するとおりに点を奪われている。前半の終わりに中田英と宮本が厳しい顔で話し合う姿も見せていたが、2点をリードしながら引き分けに持ち込まれたことは大きな課題となった。

得点力不足という問題も、高原が2点を奪う活躍は見せた。しかし前半で0-2というリードを許していたかもしれない・・・とドイツのクリンスマン監督が言うほど、日本の好機が何度かあった。
【サッカー】JAPANレプリカ発売中!高原選手〔TAKAHARA〕
日本代表:高原
レプリカユニフォーム

相手がドイツということを考えれば引き分けという結果は満足できるものだが、攻守共に課題の残る試合となった。そこを改善できればグループリーグ突破の可能性がグンと高くなる。

日本は6月4日にマルタと親善試合を行い、12日にオーストラリアと対戦する。
スポンサーサイト
最新のスポーツニュースランキング

F1第7戦モナコグランプリは、ポールポジションからスタートしたルノーの
フェルナンド・アロンソ
が優勝、アロンソにとってはモナコ初制覇となった。2位にはマクラーレンのファン・パブロ・モントーヤ、3位にはデビット・クルサードが入った。

レースはアロンソが好スタートを決めるものの、マクラーレンのキミ・ライコネンがアロンソをピッタリマーク。また、3番手BMWのマーク・ウェーバーも両者に離されずについてくる展開。先にライコネンがピットインし、2周遅れてアロンソもピットへ入るが、ポジションの変動はなかった。中盤まで上位3人が僅差で走行を続けるが、まずウェーバーのマシンから白煙が上がりコース脇にマシンを止めリタイア。マシン撤去のためセーフティーカーが入るが、ライコネンのマシンからも白煙が上がりリタイアとなってしまう。
1/18 ルノー F1 100勝記念モデル F.アロンソ

セーフティーカーが入ったことでアロンソと後続との差は縮まったが、再スタート後はアロンソと2位にあがったモントーヤとの差が開いていく展開で、そのままアロンソがゴールした。

BARのバリチェロは3位の位置につけながらもピットロードでのスピード違反でドライブスルーペナルティを受け4位。前日の予選で故意に車両をコース上に止め、他車を妨害したとし予選タイム剥奪のペナルティーを受け、ピットスタートとなったフェラーリのミハエル・シューマッハが5位。以下、、6位フィジケラ、7位ハイドフェルド、8位R.シューマッハーがポイント獲得。スーパーアグリでは佐藤琢磨がリタイア、F.モンタニーが16位で初完走を果たした。
ワールドカップドイツ大会に臨む日本代表23人が発表されました。
サッカー日本代表

キリンカップ第2戦で先発した久保が落選し巻が選出された以外は、順当なメンバー。久保を外した理由については、コンディションが悪く、能力を発揮できていなかったとのこと。

内訳はGK3人、DF8人、MF7人、FW5人。前大会にも選出されたのは11人で平均年齢も前回の25.4歳から27.5歳とあがった。メンバーが発表された時点で、選手一人当たりの代表での出場数の平均は45試合。前大会での平均試合数は25試合なので、年齢が上がったぶん、経験も積んでいると言える。

チームは17日から福島県内で合宿し、26日にドイツへ出発する。

GK
川口能活(磐田)
土肥洋一(FC東京)
楢崎正剛(名古屋)

DF
加地亮(G大阪)
駒野友一(広島)
中澤佑二(横浜FM)
宮本恒靖(G大阪)
坪井慶介(浦和)
田中誠(磐田)
三都主アレサンドロ(浦和)
中田浩二(バーゼル)

MF
福西崇史(磐田)
稲本潤一(ウェストブロム)
中田英寿(ボルトン)
小野伸二(浦和)
小笠原満男(鹿島)
遠藤保仁(G大阪)
中村俊輔(セルティック)

FW
高原直泰(ハンブルガーSV)
大黒将志(グルノーブル)
柳沢敦(鹿島)
玉田圭司(名古屋)
巻誠一郎(千葉)
サッカー日本代表チーム・オフィシャル・クロノグラフウォッチ
サッカー日本代表チーム
オフィシャル・クロノグラフウォッチ


サッカー日本代表 エンブレム掛時計
サッカー日本代表
エンブレム掛時計


ドイツワールドカップジャージ アディダス!!【adidas】アディダス サッカー日本代表レプリ...
アディダス 
サッカー日本代表中村モデル
F1第6戦スペイングランプリは、フェルナンド・アロンソが優勝。アロンソは母国グランプリで初優勝となった。

序盤はルノーのフィジケラがフェラーリ勢をおさえ、アロンソがマージンを広げる。ルノー、フェラーリともに1回目のピットを終えたところで、シューマッハがフィジケラの前に出るものの、アロンソとの差は縮まらず、そのままアロンソが逃げ切った。

日本勢ではホンダのバトンが6位、バリチェロが7位と入賞するも、トヨタは味方同士で接触するなどし、トゥルーリが10位でラルフ・シューマッハはリタイア。また、スーパーアグリで2戦目を迎えるモンタニーも序盤にリタイアしたものの、佐藤琢磨が17位、3戦ぶりに完走を果たした。
2005 FIA F1世界選手権総集編 DVD
ヤンキース松井秀喜外野手が、11日のレッドソックス戦の一回表の守備の際に負傷。病院へ向かい守備につけなかったため、出場記録の条件を満たすことができず、日米通算の連続出場が1768試合で途絶えてしまった。大リーグではデビュー以来連続出場を果たしてきたが、その数字も518試合でストップ。

野球規則では、試合に出場したとみなされるには1イニング守備に就くか、1打席を完了させなければならない。今回の松井の場合は一回の途中で守備を交代しているため、記録上では出場したことにはならず、この試合の5回が終了した時点でゲームが成立となった。

松井は左手首の骨折と診断され、明日にも手術をすることになるようだ。トーリ監督の見通しによると復帰まで3ヶ月かかるとのこと。WBCを辞退してまで臨んだシーズンだったので、こんな不運に見舞われるのはとても残念です。
横浜の石井琢郎内野手が楽天戦で先発出場し、第1打席に愛敬投手からセンター前ヒットを放ち、史上34人目となる2000本安打を達成。横浜では駒田徳広氏以来2人目。

石井は投手としてプロ入りし、4年目に野手へ転向。2000本安打を記録した中、投手成績で勝利経験を持つ選手となるとこれまでは川上哲治氏だけだったようです。転向した選手が大きな記録を残すのはそれだけ難しい。

しかし、石井は転向後、これといって特に大きな怪我もなく、ずっとレギュラーとして起用され続けてきた。投手として入った選手がここまで実績を残し続けることは滅多にないですから、普通に野手として入ってきた人以上に努力をしてきたと思われます。

2000本安打を達成すると出場機会が減ったり、シーズン終盤に引退を表明する選手もいますが、石井の場合はまだもう少し野球選手でいられそうですね。
スーパーアグリのレギュラードライバー井出有治のスーパーライセンスが取り消し処分となりました。

サンマリノGPでのクリスチャン・アルバースとの接触はあったものの、あぁいうアクシデントはこれまでのレース中にもよくありました。しかし、経験不足とモナコのような狭いコースで事故がおきたら惨事になりかねないという不安が大きいためか、FIAからライセンス剥奪という異例の処分を受けることに。

そこまでしなくても・・・とは思いますが、新人の井出ではマシンやコースを学習するのにいっぱいいっぱいで、少しでも他チームに追いつけるようマシンを進歩させることは難しい。例え処分がなくてもドライバー交代は時間の問題だったかな・・・という気もします。

昨年のジョーダンやミナルディといった下位のチームで新人がデビューするのとは違って、スーパーアグリというチーム自体ができたばかり。そういうチームで走るには、やっぱりある程度の経験がないと厳しい感じがしますし、新人に結果を求めるのも気の毒です。
ビデオリサーチ社の調べによると、巨人戦の4月の平均視聴率が昨年の12.9%をさらに下回り、12.6%と過去最低の数字だったことがわかった。最も高かったのが21日の阪神戦の16.3%、最も低かったのが26日広島戦の8.8%。また、27日の広島戦では放送権を持っていたテレビ朝日系が買わなかったため、地上波での放送がないということもあった。

巨人は開幕から対戦カードでは負け越しも連敗もなく、4月は2位に4ゲーム差をつけて1位と好スタートを切った。昨年は80敗というワースト記録を作ってしまうほど弱かったので低視聴率というのもわかる。しかし、今季のように強くても視聴率は下降を続けてしまうとなると、中継側に問題があるのかもしれない。

単に野球人気が衰えたから・・・という意見もあるかもしれないが、WBCでは、決勝の平均が43.4%、瞬間では56.0%と高視聴率をマークしているので野球人気低下が原因とは思えない。

数年前は野球の最大延長が夜の9時50分ぐらいだったが、今は9時20分くらい。そして昨年からフジやTBSが9時過ぎで放送を終了する方針をとった。ゲームが終わらないまま、あとはニュースで結果を見てください・・・というのであれば、とても野球好きなファンならともかく、そうではない人だと野球を見ずに他の番組を見るのも当然だと思う。

しかも、7時から9時まで2時間をかけて途中までしか見られないなら、最初から他の番組を適当に見るだろうし。視聴率低下に関しては野球人気云々ではなく、テレビ局側が自分たちで招いた結果だと思います。
ヤクルト古田敦也兼任監督が自身の打撃不調から、しばらくは米野智人捕手を正捕手とし起用することにしたようだ。

古田が先発マスクをかぶったときは4勝6敗、米野の場合は5勝8敗。勝敗だけ見ればあまり大差はあまりないが、古田は開幕から打撃不振で打率は1割を下回る。ここ最近の10試合では米野に先発を任せ、代打で出場することもなかった。

5月の第1週を終えるといよいよパ・リーグとの交流戦が始まる。パ・リーグの球団相手に大きく負け越さないためにも、監督業に専念するという決断は正しいのかもしれない。
古田のブログ
古田のブログ
オランダリーグのヘラクレスに所属する平山相太(20)が、休学中の筑波大に退学届を出し、受理された。1年目のシーズンは8得点。他の海外クラブに所属する日本人のFW選手と比較しても1番点を取る活躍を見せている。

退学という形で自ら戻る場所を断ち、プロの選手としてやっていく決意を固めたようだ。残念ながら今年のW杯で日本代表として出場する見込みは低いが、将来日本代表として名前を連ねるだろう選手なので、一生懸命、そして楽しみながら海外のサッカーを吸収してもらいたい。
【#17 平山相太】adidas/アディダス2006年NEWモデル サッカー日本代表半袖レプリカジャージ
【#17 平山相太】
adidas/アディダス2006年NEWモデル
サッカー日本代表
半袖レプリカジャージ
新庄剛志:襟付きアンダーシャツはマナー違反

日本ハム・新庄剛志外野手が4月30日のソフトバンク戦に襟付きアンダーシャツで出場した問題で、パ・リーグの前川芳男審判部長は1日、日本ハム、ソフトバンクの両球団に対し、同様のアンダーシャツの使用を禁ずると連絡した。

 新庄は試合前に審判団の了承を得ていたが、ソフトバンク側は「青少年に悪影響を与える」と抗議していた。公認野球規則には「アンダーシャツの外から見える部分は、同一チームの各プレーヤー全員が同じ色でなければならない」とあるが、形についての規定はない。前川部長は「ネックウオーマーなどがOKとなっているため許可したが、ビデオを見ると違和感がある」と話し、「チーム全員が襟付きならいい。規定にないからルール違反ではないが、マナーの問題。審判部として正す」と語った。

サッカーのクラブチームではエリがあったりなかったりするけど、野球ではエリなしで統一されてきた。チーム全員が襟付きならいい・・・とはいうものの、1チームだけエリの付いたチームというのもなんか違和感を感じてしまいます。

また、ルール違反でなければ何をやっても良いという考えが増徴すると、アレはダメ、コレもダメ・・・といちいち規定に盛り込まなければいけなくなってくる。

新庄もファンサービスのために考え付いたと思うけれど、すでに引退を表明し、シーズンが終わればチームを去る立場。新庄が特異な姿で登場しても、それは新庄人気こそ高まるかもしれないが、球団の人気にはそれほど影響はないのかもしれない。新庄という個人に注目を集めさせファイターズの知名度を上げようとするよりも、新庄が引退した後も引き続きファイターズを好きになってもらえるようなファンサービスを考えてほしいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。