ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
清水は元日本代表FW長谷川健太氏(39)を来季の監督へ就任することを発表。
セ・リーグ
【中日】
山本昌投手(39)が4000万円増の年俸2億3000万円で2年の契約を結んだ。今季は27試合に登板、13勝6敗、防御率3.15と好成績を挙げた。来年40を迎える選手と複数年契約を結ぶのは異例のこと。


【ヤクルト】
セリーグ新人王となった川島亮投手(23)が契約交渉し、2700万円増の年俸4200万円でサイン。大きく負け越した巨人から3勝と勝ち星を稼ぐなど、1年目は23試合に登板し10勝4敗、防御率3.17の成績を残した。

複数年契約を結んでいる古田敦也捕手(39)も契約交渉に臨み、現状維持の3億円プラス出来高払いでサイン。今季は球団合併問題やストライキ決行など、球場内でのプレー以外でも忙しい時間を過ごしてきたが、133試合に出場、3割6厘、24本塁打、79打点の成績を残している。


【広島】
佐々岡真司投手(37)、前田智徳外野手(33)、浅井樹外野手(32)のベテラン勢が契約更改交渉を行った。

佐々岡はチームの役割の手直しにより、抑えや中継ぎなどでも起用。30試合に登板、3勝7敗4セーブ、防御率3.87の成績だったが、1000万円減の1億3000万円でサイン。

前田は121試合に出場し、昨季よりも打率を上回る3割1分2厘、21本塁打、70打点の成績を残したが、1500万円減の1億5500万円でサインした。

浅井はおもに代打で79試合に出場、2割8分4厘、3本塁打、21打点と昨季よりも成績を下回ってしまったこともあり、300万円減の6000万円でサインした。

FA宣言していた真中満外野手(33)鈴木健内野手(34)がヤクルトと契約を交わし、残留することとなった。
2年連続3割をマークした金城龍彦外野手(28)は2500万円増の8500万円でサイン。今季は133試合に出場、3割2厘、13本塁打、52打点の成績。

今季谷間の先発などで16試合に登板し3勝5敗の成績に終わった桑田真澄投手(36)は6800万円減の2億1200万円で契約更改した。
今月16日に行われるサッカー日本代表とドイツ代表による親善試合に出場する選手23人が発表された。

アジア予選1次リーグ最終戦では不在だった海外組みの中では
川口、稲本、高原が招集された。稲本は骨折した6月1日のイングランド戦以来、半年ぶりに代表へ復帰。

メンバーは以下の通り。

西武の西口文也投手(32)が1600万円増の年俸2億円で契約を更改した。

今季は21試合に登板し、10勝5敗、防御率3.22の成績で、勝利数は松坂、帆足とともにチーム内では最多。今季FA権を取得したが行使はしなかった。

バスケットボール日本学生選抜の中川和之(22)が、かつて田臥勇太(24)も所属したことのある独立リーグのロングビーチ・ジャムへ入団することが明らかとなった。今年、フェニックスサンズで日本人初のNBAプレーヤーとなった田臥と同じようにNBA入りを目指す。
【横浜1-0浦和】
Jリーグファーストステージ優勝の横浜マリノスとセカンドステージ優勝の浦和レッズによるチャンピオンシップ第一戦が横浜国際総合競技場で行われた。
【日本代表0-0新潟】
新潟県中越地震復興支援のためのチャリティーマッチは0-0のスコアレスドローで終わった。
【福岡0-2柏】
今季、J1の年間最下位の柏とJ2で3位の福岡による、J1とJ2の入れ替え戦が行われた。

【中日】
今季、一塁手として初のゴールデングラブ賞を受賞した渡辺博幸内野手(34)は1500万円増の5000万円で契約を更改。124試合に出場、2割8分6厘、2本塁打、22打点と中日のセリーグ優勝に貢献した。また、平松一宏投手(30)は400万円減の年俸2100万円で契約を更改。今季はわずか3試合の登板で1勝1敗だった。


【ヤクルト】
高井雄平投手(20)、鎌田祐哉投手(26)、花田真人投手(27)らが交渉を行った。3人とも昨季よりも成績が悪く、高井は100万円減の1800万円、鎌田は600万円減の2500万円、花田は400万円減の1450万円でサイン。



【巨人】
今季、日本ハムからトレードで移籍した中村隼人投手(29)は1000万円増の年俸3600万円でサイン。主に中継ぎとして38試合に登板、2勝1セーブの成績を残した。
今季わずか2試合の登板で終わってしまった真田裕貴投手(20)は500万円減の2000万円でサイン。
野手では川中基嗣内野手(30)も交渉を行い、200万円減の2800万円で契約更改した。川中は45試合に出場、2割3分5厘、5打点と試合出場数、打率ともに昨季を下回ってしまった。


【阪神】
4年連続盗塁王の赤星憲広外野手(28)が3000万円増の1億3千万円でサインした。投手では福原忍投手(27)が契約交渉行い、倍増となる3500万円増の7000万円でサイン。福原は今季10勝15敗と負け越したが、29試合、181と1/3イニングを投げ、先発ローテーションの一角を任された。


【横浜】
若田部健一投手(35)が契約交渉に臨み、現状維持の1億円プラス出来高で更改。若田部は昨季、3年契約で横浜へFA移籍してきたが、2年間で今季にあげた1勝のみ。
柏レイソルのMF下平隆宏(32)が、現役引退を表明。今季は選手会長を勤め13試合に出場。しかし第2ステージの途中からベンチにも入ることがなくなり、出場機会もなく戦力外通告を受けた。
柏では13年間、レンタル移籍していた東京では2年間プレー。J1では通算234試合に出場、3得点を記録している。

UEFAカップ、グループリーグ第4節の8試合が行なわれた。小野伸二の所属するフェイエノールトはシャルケと対戦し、2-1で勝利。勝ち点を7に伸ばし、決勝トーナメント進出が決まった。
中日は自由契約選手となっていた全横浜のタイロン・ウッズ内野手(35)と2年総額10億円で契約したと発表。
西武の松坂大輔投手(24)が契約更改交渉に臨み、5000万円増の年俸2億5000万円でサインした。これまで同僚の豊田やロッテの小林英らの2億3000万が最高額だったが、パ・リーグの現役投手の中では現時点で最高額となった。
横浜の鈴木尚典外野手(32)が現状維持の2億2000万円プラス出来高で更改した。4年契約の2年目となる今季は80試合に出場、2割6分6厘、1本塁打、21打点とレギュラーとして出場する機会が減っていた。

阪神の片岡篤史内野手(35)が契約交渉を行い、現状維持の1億8000万円で契約更改した。日本ハムから移籍したときに5年契約を結び、3年目の今季はけがなどもあり46試合に出場、打率2割5厘、3本塁打、7打点と阪神に移籍してからは最悪の成績だった。

【5年契約を結んで以降の成績】
120試合 .228 11本 46打点(1年目)
110試合 .296 12本 55打点(2年目)
 46試合 .205  3本  7打点(3年目)

巨人の主力選手の契約更改交渉が行われた。
高橋尚成投手(29)は1100万減の6500万円、河原純一投手(31)は1560万円減の4940万でそれぞれ更改。
巨人清原和博内野手(37)が4年契約最終年の来季も残留することが決まった。起用法などをめぐり球団と話し合いをするなど去就が注目されていたが、来季も巨人のユニフォームを着ることになる。
今季は2000本安打を達成するなどシーズン序盤は良かったが怪我やポジション争いもあり、40試合に出場、2割2分7厘、12本塁打、27打点と、4年契約を結んだシーズンのなかでは最低の成績だった。

【年棒4億5千万、4年契約を結んで以降の成績】
 55試合 .318 12本 33打点(1年目)
114試合 .290 26本 68打点(2年目)
 40試合 .227 12本 27打点(3年目)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。