ホーム              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
錦織V世界一のスピード出世/テニス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080429-00000015-nks-spo

「テニスの王子様」がまた快挙を達成した。18歳3カ月の錦織圭(18=IMG)が、現役最年少の世界トップ100ランカーになった。決勝で世界116位のビクトル・トロイツキ(22=セルビア)に、2-6、7-5、7-6で逆転勝ち。2月のツアー初優勝に続き、ツアー下部大会も制した。28日発表の世界ランキングは120位から99位まで上昇し、100位以内最年少選手になった。日本男子では96年8月25日まで91位だった松岡修造以来12年ぶり5人目で、最年少記録を更新。北京五輪出場も現実味を帯びてきた。
 昨年10月のプロ転向からわずか半年で、錦織が「トップ100」の壁を突破した。日本人が過去4人しか越えることのできなかった大きな関門を、あっという間にクリアしてみせた。プロ転向前の06年3月20日に1504位で世界ランクに初登場。それからたった2年で1400位以上もランクを駆け上がった。   (日刊スポーツ)


ランキング100以内に日本人が入るのは、
松岡修造以来5人目だそうで、
それだけ日本人選手にはハードルが高いスポーツといえます。

でも、最年少記録を更新するということは、
同世代の中では彼が一番実力があるということでもあるので、
今後の活躍が期待されます。


錦織圭ラケット■NEW■WilsonKTour95
ウィルソンKツアー95 日本スペック インポート

スポンサーサイト
最新のスポーツニュースランキング

フィギュアスケートの第76回全日本選手権最終日、
女子フリーが行われ、浅田真央が2年連続2回目の優勝。

浅田は前日のショートプログラムに続き、
フリーでも132.41の高得点を出し、合計205.33点を挙げた。

ショートプログラム2位の安藤美姫は、
フリーではその浅田をさらに上回る135.50点をマーク。
しかし、ショートプログラムでの得点差を埋めることはできず、2位。

ショートプログラムでは4位だった中野友加里が、
同3位だった村主章枝を抜き3位に入り、
村主章枝が4位という結果となった。


・浅田真央の画像1
・浅田真央の画像2
・安藤美姫の画像1
・安藤美姫の画像2
・中野友加里の画像
・武田奈也の画像
浅田真央 画像6

フリーでは最終グループの一番初めに競技にのぞみ、
あとの選手の結果はまだわからないものの、
205・33という高得点を出し、インタビューに応える浅田真央
武田奈也 画像

ショートプログラムではいまいちな結果だったのに対し、
フリーでは良い演技ができ、笑みがこぼれる武田奈也
27日、フィギュアスケート全日本選手権がおこなわれ、
女子ショートプログラムで浅田真央が世界新記録となる
72・92点の得点で首位にたった。

国際大会ではないため参考記録扱いだが、
3月の世界選手権で金妍児が記録した
71・95点を1点近くも上回るほどの完璧な演技。

浅田とともに注目を集める安藤美姫は
今季自己最高の68.68点で2位につけている。

安藤美姫の画像
浅田真央の画像1
浅田真央の画像2
浅田真央の画像3
浅田真央の画像4
安藤美姫

フィギュア全日本選手権、
女子ショートプログラムで2位ながらも、
今季自己ベストのSP68・68点をだした安藤美姫
ロッテから戦力外を通告されていた黒木知宏投手(33)が
記者会見を開き、現役引退を表明。

戦力外通告後、他球団で現役続行を希望するも、
他球団からのオファーはなかった。


黒木は94年ドラフト2位でロッテ入団し、
97年に12勝をあげると、
98年には13勝9敗で最多勝と最高勝率のタイトルを獲得。

5年連続2ケタ勝利をマークするなど
ロッテのエースとして活躍、
ファンからは『ジョニー』の愛称で親しまれ、
ロッテのなかでも絶大な人気を得ていた。

通算成績は199試合に登板、
76勝68敗1セーブ、防御率3.43。


大相撲の横綱朝青龍が再来日のため、
ウランバートルを出発した。

朝青龍はけがを理由に夏巡業への不参加を表明しながら、
モンゴルでサッカーに興じていたことが発覚し、
日本相撲協会から謹慎などの処分を受けていたが、
精神的に不安定になったとされ、8月29日に帰国していた。

日本に到着後、夕方から会見を開く予定。
ヤクルトからフリーエージェント(FA)宣言した石井一久投手(34)が25日、西武と正式に契約し、都内のホテルで入団会見が行われた。

2年契約で、年俸総額は7億円(推定)。背番号は未定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071125-00000512-yom-spo


ヤクルトに復帰した今年はまぁまぁの成績でしたが、
全盛時に比べたらやはり衰えを感じさせました。

先発の左腕は他球団も興味はあると思うのですが、
名乗りを挙げなかったということは、
年俸がちょっとお高いということなんでしょうか?

西武でどれだけの成績を残してくれるか、
期待と不安が混じったような気持ちです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070222-00000001-gbr-fight

2月25日(日)東京都内で開催される、K-1JAPAN戦士育成プロジェクト「K-1 JAPAN TRYOUT」の主な参加者のプロフィールが発表された。

このトライアウトに元プロ野球選手が参加するというニュースがあったので誰だろうと気にはなってましたが、ロッテ、阪神に在籍していた立川隆史だったんですねぇ。

他にもドラフト候補生で茨城ゴールデンゴールズに入団した富永健義や、お笑いコンビでバラエティ番組の水泳競技にもよく参加していた「オードリー」の春日俊彰など。

応募者総数は128人、書類選考により79名がトライアウトに参加するそうです。
大相撲の前頭9枚目、垣添関(28)が結婚を発表。

お相手は浅井栄美(25)さん。
実はこの方、女子相撲の全日本選手権重量級を3度制覇したツワモノ。

現役相撲選手と元全日本王者の子供なら、さぞかし将来有望な力士が誕生しそうと思いましたが、「子どもに相撲をさせるつもりはありません」と否定。

う~ん・・・・DNAがもったいない・・・

まぁ、スポーツ全般に強い子供が生まれそうな感じがするので、別に相撲じゃなくても・・・ね。
全米オープン女子シングルス決勝は、第3シードのマリア・シャラポワが第2シード、ジュスティーヌ・エナン・アーデンを6-4、6-4のストレートで勝利し初優勝。

シャラポワは2004年ウィンブルドン以来、2度目の4大大会制覇。

テニス用品店商品一覧
テニスショップアド
テニスショップエディ
中古テニスマーケット
ラケットプラザ
テニス市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。